--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2010/06/22 (Tue) 23:00:20

てつネタ恐縮です

すみませーん。
なんだかすっかり鉄道ネタのこの頃。。

ほんと今まで鉄道に関してまったく無知で。
でも息子につきあって新幹線やら、全国の特急電車やらの本を眺めていたら・・・

まあ、以前の記事でも「九州新幹線の『つばめ』に乗りたい」なんてちらっと書いていたのですが、なんだか、魅力的だな~と思う電車は、ほとんどが九州の電車だったりするのに気が付きました。
『ソニック』『白いかもめ』とか、すんごいカッコイイ。『いざぶろう・しんぺい号』『はやとの風』なんてのもすごい。

でもって、図書館の棚でたまたま目に入ったこの本。
ぼくは「つばめ」のデザイナー―九州新幹線800系誕生物語ぼくは「つばめ」のデザイナー―九州新幹線800系誕生物語
(2004/12/21)
水戸岡 鋭治

商品詳細を見る

軽い気持ちで、面白そうだと読んでみたのですが。

この水戸岡鋭治氏、とんでもなく高名な方じゃないですか・・・!!
美術関係にも疎いので、全然存じてなかったです。お恥ずかしい・・・。
こちらのサイトで、デザイン画が多く紹介されています。

『ソニック』『かもめ』も含め、九州の電車はほとんどが氏のデザイン。九州以外にも、地元岡山の交通や各地の駅舎、驚いたことにさいたまスーパーアリーナのデザインも手がけているそうです。

この本は小学生向けなのか、とてもやさしい語り口。総ルビで、おまけの塗り絵ページなんかもあります。でも、大人が読んでもとても興味深い内容で、新幹線デザインができるまでの背景の面白さはもちろん、働くこと、日本人ができること、いろいろなことに想いを馳せることのできる、充実した1冊でした。

自分的に、先日の小沢健二のコンサートでの朗読と重なる部分もあったりして、とてもタイムリーに響きました。
「日本人としての五感」。

うん、近いうちに九州いこう。
ちなみに水戸岡氏、現在は九州を周遊する「世界一の寝台列車」を企画されているそうです。これもまた腰を抜かすようなものができるのだろうなあ。
trackback (0) | comment (0) | 息子3歳

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。