--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2009/05/08 (Fri) 23:08:17

断乳10日目・発熱

夜中に起きはしなかったものの、4時頃に背中をガンガン蹴られて目を覚ます。
息子が180度回転して、寝ながら暴れていた。
布団に戻して再び眠るも、これじゃ風邪ひくよ~、と思った朝。

6時起床。
まだ寝かせようとするも(通常、私は7時起床)、「おきるー」。
コアラ抱っこでウトウト。7時までその繰り返し。
その後は布団に下ろして、7:40まで寝ていた。
起きてトイレ。
抱きかかえると、身体が熱いのに気付く。
熱を測ると37.2度と微熱。
が、いつもと違うグズグズぶりだし、ご飯も全然食べず。
ずっと抱っこで力なくもたれかかっていると、だんだん顔がゆでダコのように赤くなり、8時頃もう一度熱を測ると37.7度。ぐったり。とりあえず、アコナイトのレメディを2回ほど与える。

タイミング良く?悪く?外はものすごい雷雨。
本当は、今日は会社を休んでオケタニのマッサージに行く予定だったのに・・・まあ、どのみち休日だったので、あっさり諦める。9時過ぎに、保育園とオケタニに電話。

さて、これからどうしよう、寝てくれればいいのだけど・・・と思った9時半過ぎ。
いいかげんご飯を片付けようとすると、いきなり「たべるー」。
ご飯に梅干、味噌汁をすごい勢いで食べ出す。
あれ・・・元気・・・!?
そして「こうえん、いくー」「ごるふー(数日前に、アンパンマンのゴルフの玩具を買ってもらった)」と、うるさい。「公園じゃないよ!病院行くよ!」と言うと、「ちいらしぇんしぇ(○○○先生)、いくー!」だって。もう治ってるみたいだけどね・・・。

ダラダラ支度して、お昼前くらいに病院へ。
相変わらず、受付の若いお姉ちゃんたちにちやほやしてもらう。
特に心配いらず(うまくウイルスを熱で出した様子)、薬も無し。
本人は「あまいおくすり!」もらう気満々だったので残念そう。

帰りにスーパーで買い物。
お惣菜売り場のコロッケを見て「かうー!」とトング持って大騒ぎ。なんだ?その食欲!
妥協策として、パン売り場でコロッケサンドを買い、納得してもらう。
帰宅して、ガツ食い。
その後は、私の方が頭が痛く、だるくなって、横になろうとするものの、ことごとく妨害。しまいには頭突きしてきて、キレる。

15時過ぎ、保育園に荷物(週末なので布団カバーなど)を取りに行く。
その帰りは図書館に寄って、夕飯。

結局、お昼寝をしなかったこともあって、なんと、夕飯を食べながら18時半に寝てしまった!!
憧れ?の「ご飯を食べながら寝る幼児」、これか~、と感動。
その後、朝の6:40まで起きず。
夫の帰りも遅かったので、ひさびさの一人時間を満喫。

それにしても、断乳後、初の発熱。
今までは、病気のときこそ「おっぱい」。
食欲は無くてもパイだけは飲んでいて(ミルクも飲もうとせず)、脱水や栄養の心配も要らず「なんて便利なんだろう」と思っていたけれど、もう、パイは無い。今さらだけど「どうしたらいいのだろう?」と思ってしまった。
幸い、今回はあっさり過ぎるほどあっさり治ってくれたので良かったけれど。
そして、息子もパイを求めることは無かった。すごいなあ。
(ちなみに、断乳後2日以内に発熱した場合は、断乳中止した方が良いそうです)
trackback (0) | comment (0) | 断乳の記録(2歳1~3ヶ月)

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。