--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2008/02/12 (Tue) 00:00:30

出産・育児の本

妊娠してから、出産や育児関連の本が面白くて読み漁っております。

けっこう昔(といっても10年くらい)の本だと、医療などの情報や環境がかなり現代と違っていたりもするのだけど(それはそれで面白い)、子どもを産むという、根本的な部分は変わらないのだと、いろいろ読むたびに思います。
どれも言わずと知れた、メジャーどころの本で恐縮ですが・・・最近読んだ本3冊。

そういうふうにできている (新潮文庫)そういうふうにできている (新潮文庫)
(1999/06)
さくら ももこ

商品詳細を見る
こちらは帝王切開を予定していて、不安に駆られている人にぜひおすすめ。笑い飛ばせるかも。かと思いきや、哲学的なくだりもあったりで考えさせられます。

アトピー息子―笑う出産スペシャルアトピー息子―笑う出産スペシャル
(1999/08)
まつい なつき

商品詳細を見る
幸い、今のところ肌トラブルの無い息子ですが、二人目三人目で突然アトピーだったりは、よくあることのようです。治療のことというより、向き合う姿勢に感じ入るものがあります。『笑う出産』『笑う出産2』ももちろんおすすめです。


毎日かあさん カニ母編
毎日かあさん カニ母編
(2004/03)
西原 理恵子

商品詳細を見る
西原さんの作風は好き嫌いがあると思いますが・・・自分はとても好きです。キレイ事言ってる育児本より、よっぽど励まされます。とにかく笑えるし、ホロっとします。最新刊の「出戻り編」は立ち読みして泣いてしまった・・・。
しかし、『ああ息子』も読みましたが・・・男の子の母親、覚悟しておかないとなあ、と思います。理解不能!
trackback (0) | comment (2) | 息子0歳

comment

2008/02/12(火) 19:47:55 | URL | edit
ゆかり #-
参考にさせてもらおう。私も男の子二人、これからどうなることやら。

でも家の仕事、子育て、家事、いつ本を読んだらよいのか…。夜は一緒に寝ちゃってるし本を読む時間がウラヤマシイ
2008/02/13(水) 00:58:26 | URL | edit
kinako #-
>ゆか
いや~、ゆかの息子くんたちは微笑ましく成長しそうだけどね☆
いろいろ勇気?が出てくる1冊だと思います。薄いし軽く読めるよ。

自分の読書タイムはズバリ「添え乳中」です!
眠ってから離すまでが長い・・・けっこう読めます(苦笑)。小説の類はなかなか読む気がしないけどね。一緒に寝てしまうことも多いです。
家で仕事があると、ほんと大変だよね。いつも頭が下がるよ~。
私も働き始めたらバタンQかな。。。
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。