--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2007/10/07 (Sun) 23:35:35

猫にやられる

昨日、夫スリングで夕飯の買い物に行った帰りのこと・・・。

通り道に「猫屋敷」があって、いつも猫を見て帰るのが我々のお約束になっている。
最近、息子も犬や猫に関心を持ち出したようで、スリングから身を乗り出すように(この頃はスリングから出ようと暴れることもある)じっと見つめていたりする。
そこの猫たちはやはり野良猫なので、人に対しては警戒して、いつもは近づいてこないのに、その日は珍しく駐車場の金網越しにずっと座っていた。
夫婦で「ほら猫だね~」なんつって、呑気に近寄っていたら、息子の右手がぴょんと伸びた瞬間、猫が金網の向こうから、その手に爪を立てた!!
凍りつく夫と私、泣き叫ぶ息子。
急いで家に帰り、消毒してカレンデュラクリームを塗る。

家に着く頃には泣き止んでいたし、1日経っても特に異常は無い様子だけど・・・。
特に野良猫、なんの病気を持っているか分からないのに、本当に気をつけねば・・・。夫婦で大反省。。。
その後、猫を見ても特に怖がったりもしないので、トラウマにもなってないようで一安心。


最近は、意志というか、感情が良く出るようになってきたし、それに伴う動作が出てきてとても面白い。
スリングで歩いてる時、でっかいトラックなんかが通ると驚いて腕にぎゅっとしがみついてきたり。おっぱい欲しい時は、服の胸ぐらを引っ張って引き寄せようとしたり。

喃語も増えはじめた。イクラちゃんみたいに「ちゃーん」「バブー」とか、ガッちゃんみたいに「クペポー」とか。この人、喋られるようになったら、どんなことを言い出すのだろう・・・。夫は「なんでうちに来たのか?」を聞いてみるらしい。
trackback (0) | comment (0) | 息子0歳

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。