--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2007/07/20 (Fri) 23:33:45

オケタニ7回目

桶谷式の母乳マッサージへ。
もう7回目!
完全ミルクで育てるより、はるかに高くついてしまった・・・。

昨日の検診で「下限ギリギリ」と注意された体重も、ここでは「ギリギリでも範囲内は正常」と言われ、そう言われればそうかと気が軽くなる。

母乳の状態は特に悪くもなってないけれど、ここ最近、夜中にミルクを足すことが多くなったりしていたので、自分から「足しどきかなと思うのだけど」と言ってみる。ここの桶谷式はあまり厳しく無理強いはしないところなので、「じゃあ足しましょうか?」という感じ。1回の量を少し増やしてみることにする。
先生からは、おっぱいそのものが既にこの子には大切なんだから、量の問題ではないよ、と言われ救われる思い。

どうしても、自分の周りでは、最初が混合で苦労していても最終的には完母になったという話が多かったので、自分も努力すればと信じていた。しかし授乳のリズムができあがるという3ヶ月を経過・・・。今後は離乳食の時期(桶谷式では6ヵ月からを推進)になったら、そのぶんミルクを減らしていく、という感じですすめていくと良いらしい。
「目指すところは、この子が元気に成長することだから」
という先生の言葉に激しく同意。

今までは、やはり自分の中で「いかにミルクをあげないで1日を乗り切るか」に重点が置かれてしまっていて、今日は2回で済んだから勝った、今日は5回もあげてしまったから負けた、みたいな部分が多く、育児を純粋に楽しめてなかった気がする(それは子どもにとっても同じだろう)。
先生に「牛と闘ってるわけじゃないからね~」と言われ、いや、自分、闘ってました・・・と心の中でつぶやく。
でもなんというか、牛との闘いに一段落ついた、という今までにない軽い気持ち。

身近では完全母乳か完全ミルク(今回は彼女たちの言葉にもずいぶん励まされた)、どちらかの話しかなかったので、今後、ずっと混合で進めていく人にアドバイスとかできれば良いなあ、なんてことを思ったりする。
trackback (0) | comment (4) | 息子0歳

comment

2007/08/01(水) 22:38:11 | URL | edit
かぢ #-
日々、母になっていくという感じだね。
知識や情報に振り回されずたくさん愛してあげたいよね。
2007/08/02(木) 22:42:46 | URL | edit
kinako #-
自分じゃよく分からないけれど、そう言ってもらえると嬉しいなあ。
シンプルにいきたい、と思いつつ、ついつい頭で考えてしまうのだよね・・・。
2007/08/03(金) 05:44:55 | URL | edit
かぢ #-
子育ての悩みは尽きないよ。
成長してくにつれ次々にいろんな問題が出てくるし。反省の毎日。
いつも思うのは子供は自分を映す鏡。
わたしってダメだなって打ちのめされ続け。
やさしい、心の大きな人間になりたいよ。
2007/08/03(金) 14:42:34 | URL | edit
kinako #-
ぱらっとみた雑誌に「思春期の扱いの難しさを思えば2歳のイヤイヤ期なんてかわいいもの」とか書いてあって、うわ~先長いな~、と思ったよ。
ほんと、自己嫌悪に陥ることばかりだけど、この子の親は自分だけなんだ、という自信?はもっていたいよね。
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。