--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2009/08/20 (Thu) 23:40:14

2歳5ヶ月

ひさびさ更新です。
何をしていたかというと・・・

もう飽きた!!の体調不良でした(私)。

週末、激しくお腹を壊し(夜、寝ていても1時間ごとにトイレに起きる)、さすがに消耗してきたので、日曜日に当番医へ。
「食あたり?」で、下痢止めと整腸剤をもらい、ひとまず落ち着くも、月曜からは胃痛と悪寒と発熱。仕事終わりに、再度病院へ。
「(副鼻腔炎の)抗生剤を飲み続けて、腸内環境が乱れたところに菌が入ったのでは」と言われる。

「このまま改善しなかったら点滴→入院」とか脅されつつ、またまた処方された薬を飲み(薬漬け)、次の日は会社を休む。夫はクレーム処理でどうしても休めなかったので、息子の送迎だけはなんとか行ったけれど、久しぶりに日中、ひたすら眠る・・・。
人間、休養って大事ですね!(こんな発言、今まで何度したことか)
お陰さまですっかり回復しました。

金曜からは、北海道のgumiさん宅へ、本当に遊びに行く計画を立てていたので、なんとか間に合って良かった!!行ってきまーす。

オマケになってしまったようですが、2歳5ヶ月の息子。
反抗ぶりがグレードアップ。
今までのはまだ序章だったのか・・・。

ここ数日、いろいろ格闘したりもしましたが、現在のところの結論としては、「やはり分からせようとしても無理」「いかに気をそらすか」「(なんでも嫌って言うので)とりあえず逆から言ってみる」という感じで、できるだけこちらのエネルギーを消耗しないように勤めております。。

最近の息子面白発言
・「じゃんぷしたいとおもう!」
・「いいことかんがえた!」
・「だらだらしてるのがすき」
・(玩具を探して、私が「どこだろーね?」と話しかけると)
「かーちゃんの、おしりのした、じゃん?」
・(父とお風呂に入っていて、玩具を片付けようとすると)
「そのままでいいの。かーちゃんがあそぶから。どうせ。」

なんだか、ちょっと嫌な奴になりつつあります。。
スポンサーサイト
trackback (0) | comment (0) | 息子2歳
2009/08/04 (Tue) 23:44:51

またも衝撃作

うさこちゃんときゃらめるうさこちゃんときゃらめる
(2009/04)
ディック ブルーナ

商品詳細を見る

図書館で「うさこちゃん」の新作を見つけました。

早速ぱらぱらと目を通してみると・・・唖然呆然。
「うさこちゃんのだいすきなおばあちゃん」にもショックを受けましたが、この作品はうさこちゃんシリーズ史上、最大の衝撃作!!

ここで詳しい内容に触れるのは敢えて避けますが・・・
「まさか、うさこちゃんがそんなことを!!」

今後の展開も見逃せないです。
trackback (0) | comment (4) | 書籍など
2009/08/03 (Mon) 23:12:21

複雑

夜泣き、回避してます!
良かったー。

2晩連続で夜泣きに悩まされた翌日、保育園帰りのお散歩は神社へ。
疳の虫退散を願って、気持ちお賽銭ふんぱつ。

神社では、巨大で無数の蟻の穴、地面を這いつくばるセミの幼虫、セミの抜け殻、15匹くらい群がるカナブンの大群などを見る。虫三昧。
息子、今のところ怖がってあまり近寄らず。
しかし近い将来、家に大量のダンゴムシ持ち込んだりするんだろうなあ・・・。

最近の息子、「とーちゃんとおふろはいるの。まってるの」と泣いて訴える。その前の日は、ついつい情に流され、21時半帰宅の夫を待っていたら就寝は23時になってしまった。なので、騙し騙しどうにか一緒に入浴。20時頃出る。
そして、久しぶりに「スキンタッチ」開始!

ドライヤーは嫌がったけれど、スプーンと歯ブラシは興味津々。
すぐに「かーちゃんも!」と私に向かって真似してきたり、「すぷーんのまっさーじするの」とノリノリに。
この他にも、疳の虫には「ふくらはぎを温める」のが良い、という記事をみたので、足を重点的にマッサージ。
21時に布団に入りながら絵本を読む。
私が眠くてすぐにウトウトしてしまったのもあってか、1冊読み終わらないうちに一緒に寝てしまった。

夜泣きのパターンとしては、1時間で起き出すものの、この晩はちょっと長く寝て23時頃。
やはり、泣きながら左右にグルグルと寝返りを繰り返し、手足をバタバタ。
「始まったか~?」と、とりあえず添い寝でトントン。

こちらの存在を確認すると、すごい勢いで、なぜかオッパイの辺りをまさぐりだす。「パイ探してる!?」と驚くも、「それで落ち着くのなら・・・」と、ついついTシャツの下から触らせてみる。
すると・・・
なんとびっくり、昨日までそうしていたかのように、服をめくって吸い付いてくる息子!!

が、3口ほどあむあむっとした後、もちろん母乳が出ないことに気付いたのか、くるっと背中を向けてすやすやと就寝・・・。

その後、3時頃にも一度起きたけれど、その時は膝枕ですぐに就寝。
夜泣きは終息した模様。。
次の日からは、すっかり通常モードでぐっすり。
病気の影響だったのか、スキンタッチの効果(それ以来継続中)なのか、もしくは神頼みが効いたのかどうかは不明。

しかし、パイ吸ってきたのはびっくりしたー!
懐かしいような、恥ずかしいような、後ろめたいような・・・複雑な感じです。
「これが続いたら!?」と、ビクビクしたものの、そのとき1回(それも一瞬)限り。なんだったのだろうな。でも、それを境に落ち着いて眠るようになったように思うので、結果としてはまあ必要だったのかなと。

折しも、同時期に断乳された方たちのブログで「最近ふたたびオッパイに興味を持ち出してる」という記事をちらほら見かけるこの頃。
生まれてからずっと繰り返されてきた授乳の期間・・・拠りどころというか、安心感というか。奥深いところで根付いているのだろうなあと、しみじみ感じております。
trackback (0) | comment (0) | 息子2歳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。