--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2009/07/30 (Thu) 23:07:19

夜泣き・・・

水曜から、無事に登園。
食事のときに、口を痛がってグズグズするらしいけれど(でも完食・・・家では食べないのに!)、概ね通常。

しかし・・・2夜連続で夜泣きですよ!!

両日とも、決まって1時間おき×3~4回(23時~2時)くらいのペース。
突然泣き出して、手足をバタバタ。蹴る蹴る。キックの鬼。
完全に寝ぼけているというか、無意識状態。目を閉じたままで、訳の分からないことを叫びまくってヒーヒー言ってる。耳元で名前を呼んだり、声を掛けても全く届いていない様子。
抱っこしようとしても腕を突っ張ったり、ガンガン叩いてきたり。
どうしようもなく、電気の点いた方まで行って、ひたすら抱っこ・・・。
でも長くても10分くらいか。そろそろ大丈夫か?と、布団に転がすと、嘘のようにピタッと静かになり、次の瞬間、寝ている。

なんかな・・・新生児の頃を思い出す。
でも、当時の大変さに比べると全然マシ(力は強いけど)。
このまま続かないことを祈るばかり。

すっかりごぶさたのスキンタッチやってみようかなあ。。
スポンサーサイト
trackback (0) | comment (2) | 息子2歳
2009/07/28 (Tue) 23:44:42

手足口病・その後

夜中はけっこう熱が上がったようで、すごい汗。
でも無事に朝まで寝てくれた。

熱もほとんど下がったようで、元気。
朝食はあまり食べず。
舌先に出来たプツプツが、白く広がって痛そう。
それでも納豆ご飯は1杯食べた。

この日は夫が休みを取ってくれたので、私は仕事へ。
夫と息子が二人で過ごすときのパターンはだいたい決まってきていて、

・公園遊び→神社お参り→近くのミニストップでお茶(バナナ豆乳)
・隣駅のデパートの屋上でアンパンマンの車に乗る
・サイゼリヤでハンバーグ

のコースが定番化。
この日も概ね、そうして過ごしたようです(朝から息子「とーちゃんとー、こーえんいってー、ばななじゅーす、あんぱんまんのってー、おひるははんばーぐ・・・」と、ぶつぶつスケジュールを立てていた)。

とはいえ、まだまだ病気モード。
眠くなると「かーちゃん~!」と泣き出して大変だったとか。パンツのまま一緒に昼寝したら、布団にお漏らししてしまったりのトラブルもあり、夫「仕事行ってる方が全然ラク」と疲れきっておりました。たまには主婦の立場も味わってもらわないとね(もちろん炊事・洗濯・掃除まではやってくれてないが)。

息子、元気にはなったけれど、念のため保育園に問い合わせ。
予想はしていたものの、やはり
「登園には完治証明が必要」と来たもんだ。
この日、二人で病院へ行ってきてもらう。
(夫の言い方なので、実際は知らないけれど)先生「その保育園おかしいんじゃない?」とか呆れていたとか。もらった証明書(1枚500円・・・余計な出費!)をみると「手足口病は平成2年に指定伝染病から解除されています」みたいなこと(正確な文面は忘れましたが)が書いてありました。先生「プールも入って大丈夫」らしい。
が、この日になって、一気に発疹の増えた息子。
口と手はそうでもないのだけど、足の、太ももからお尻にかけてがお見事にブッツブツ!!見ているだけで痒くなってしまう(しかし水疱瘡と違って痒くも痛くもないらしい)。
見ため的にプールはどうかと思うので、今週いっぱいくらいは見学にしておこう。

夕方は、私に会って甘えたくなったのかグズグズ。少し熱も上がったかな?と思ったけれど、お風呂に入ってからはテンション高め。夕飯は口が痛いようであまり食べなかったけれど、通常通りに歌ったり踊ったり飛んだりして、22時前にようやく就寝。
そして、夜泣きがひどかったー。
30分~1時間おきに突然泣き叫んでは、ガンガン蹴りまくる。
汗もひどく、途中着替えさせる。何か怖い夢でもみたのかな?
trackback (0) | comment (2) | 息子2歳
2009/07/27 (Mon) 23:33:15

手足口病

月曜の朝、グズグズの息子。

微妙に身体が熱い。
風邪かな~、と様子をみるけれど、まあまあ元気。
熱も37.4度とか。
本人に「保育園どう?今日の給食メロンだけど・・・」とか聞くと、行く気を見せる。
朝食も普通に食べる・・・が、大好きなトマトを食べると「いたい~」と涙目。前の晩も同様のことがあったけれど、友人宅で遊びに夢中になって、気付いたら口から血を流していた(滑り台でぶつけたらしい)ことがあったので、そのときの傷かな?と思っていた。

念のため、口の中をチェックしてみると・・・
舌先と口内に小さなプツプツ。
こ、これは・・・噂に聞く(?)ヘルパンギーナか!?

保育園と仕事は諦め、小児科を受診。
診断は・・・「手足口病」でした。

私も詳しいことは知らなかったけれど、ヘルパンギーナとか手足口病とかいう病名を聞くと、ちょっと特別に悪い病気なように聞こえますが・・・つまるところウイルスによる「夏風邪」。
手足口病は、手と足と口に発疹が出るのが特徴。指摘されてみると、手と足にもかすかにプツプツ。
でもって、高熱になることもあまりないらしく、特に治療も必要無いとのこと。薬も出ず。登園は「風邪と一緒だから。熱が下がって元気になれば大丈夫」、水疱瘡などと違って、登園停止のある指定伝染病では無いそうです。

帰宅して、早めお昼を食べて昼寝。
少し熱が上がってきたようで、ちょっとぐったりして夕方にも1時間くらい昼寝。
が、17時くらいに目覚めると、いきなり「とーちゃんのとこ、いくの~!」「こうえんいくの~!ぼーるあそびするの~!」「としょかんいくの~!」と大泣き。ひどい愚図りよう。
外は雨だというのに、仕方なくカッパと長靴履いて、誰もいない(当たり前だ)雨の公園へ。抱えていったボールを一度「ぽーん!」と上に投げると満足したらしく、その後図書館へ。18時過ぎに帰宅。
CABHQM5S.jpg
夕飯の支度、まったく手付かず。
息子に言っても「たべないの~!」涙。
アンパンマンのチーズを2個食べると、グズグズしながら20時前に眠り出す。

早く寝たとは言っても、「変な時間に起きて『おなかすいた』と言うに違いない」と、それから自分の夕食をつまみながら味噌汁などを作る。そして、1時間と眠らずに「かーちゃーん~!!」とたびたび泣いて起きる息子。添い寝しては自分もたびたび眠ってしまい、気付くと0時近く・・・。コンタクトレンズも入れたままで、身体がガタガタ。
飲み会で遅くなって帰宅した夫に、部屋に入るなり「こんな部屋にいるから病気になるんだよっ!」と、クーラーをつけていないことをなじられるし。。はあ。

でも、火曜日は夫が休みを取ってくれたので、一日お任せ。
trackback (0) | comment (0) | 息子2歳
2009/07/26 (Sun) 23:27:27

またまた友人宅へ

ちば2
先月末に遊びに行く予定だった(息子の発熱で中止)、友人宅へ遊びに行ってまいりました。

春、電車で1時間以上の土地へ引っ越してしまったayaxxさん一家。
我ながら図々しいことこの上ないのですが・・・週末、母子でお泊り訪問。ayaxxさんの第2子出産前に・・・と言っていたものの、なかなか実現できず、迫りに迫った9ヶ月後半!!大きな大きなお腹で受け入れていただきました。
前回、引越し前の訪問の記事はこちら。その後3月末に会って以来。4ヶ月ぶりだけど、子ども同士は完璧にはっきり認識しているので感心してしまう。。
Aくんと息子、お互いの名前を呼び合って会話が成立。違う部屋で、2人で何やら喋っている様子など、驚くような感慨深いような。
(相変わらず、うちの息子が玩具を独り占めしようとして大騒ぎでしたが・・・懐の深さって、どうすれば培われるの!?)

ベランダで水遊びしたり
ちば1

布団でジャンプしたり
ちば5

公園で遊んだり
ちば3 ちば4
とにかく、遊び倒しました。
ちば6

帰り際、Aくんに「これからいろいろあるけれど、ママの力になってね」と話すと、こちらの目をじっと見返して、真剣な表情をしていたのが印象的でした。賢い子だよなあ。
何って、余談ですがなんと今まで京葉線は「赤」だと思っていた自分・・・「ぴんく」だということをAくんに教えられました・・・!
「なんのでんしゃにのってきたのー?ぴんく?」「赤い電車だよ」「まるのうちせん?」Aくん大正解。30年以上も余分に生きていて・・・恥ずかしいなあ。。

ともあれ、本当に感謝感謝の週末でした。
良いご出産を心から祈っています!!
trackback (0) | comment (0) | 息子2歳
2009/07/23 (Thu) 23:49:47

耳鼻科通い

先日、鼻の不調で大騒ぎして失礼しました。。心配して連絡等いただき、ありがとうございました!

その後、臭覚は地味に復調していったのですが、鼻水は止まらないし頭痛もひどい。最初に行ったおじいちゃん先生は「匂い戻って良かったね!」と、今までの薬の継続+頭痛薬(ロキソニン)を処方してくれたのだけど・・・。
ステロイドの点鼻薬もいつまで使い続けたらいいのか不安に思っていたところ、会社の人に隣駅の評判の良い耳鼻科を紹介してもらったので、行ってみることに。

するとそちらでは、今までにない味覚のテストや、鼻の奥までをじっくり診察。
結果・・・「副鼻腔炎」を引き起こしているとのことでした。。
副鼻腔炎って、ご存知の方も多いかと思います・・・いわゆる「蓄膿」ってやつですね。あまり聞えの良い病名ではないので、この場で言うのもどうかと思いましたが。
が、「治療法のはっきりしている」状況だと診断されただけでも、ずいぶん心が軽くなりました。
今までの薬(漢方やビタミン剤)は中止して、抗生物質できっちり治療していくことに。

薬を替えて2日目くらいから、一気に鼻水が止まり、頭痛も無くなりました。
点鼻薬も3日目くらいから止めてみたけれど、臭覚に関してはその後問題なし。飲み薬はもうしばらく続ける必要はありそうですが、すっかり落ち着きました。抗生物質、恐るべし!それにしても、断乳後で良かった!

CAVD7JR5.jpg
今週は単身で病院に行く時間が無かったので、保育園帰りに息子同伴、そのまま夕飯を済ませて帰宅(夫には夕飯無いよと通知済)。

今まで息子と二人で外食って、お昼をフードコート的なところで済ますくらいしかなかったのですが、初の夕食。
思った以上に大人しく座っていてくれ、全く問題なかったです。食後のコーヒーまで飲んじゃいました。
私も友達とご飯食べに行ってるかのような感覚・・・いやデート(笑)?
たまにはこういうのもいいよなあ、と味をしめました。。

ちなみに今回は無難に『大戸屋』へ。
一時期は賑わっていたけれど、すっかり落ち着いちゃってますね(それ狙い)。リサーチ無しで行ったものの、子供用メニュー、子供用椅子もあって過ごしやすかったです。
trackback (0) | comment (4) | 息子2歳
2009/07/21 (Tue) 23:08:55

2歳4ヶ月

ぐんま1 ぐんま2
2歳の日々もどんどん進み、4ヶ月。

連休は、夫の実家へ1泊。
前回の帰省は3月。とにかく、息子のお喋りの進化に祖父母びっくりしていました。

家でもそうだけど、何と言うわけでもなく、ずっと歌ったり喋ったりの息子。出発前、「じじばばの家に行ったら何して遊ぶの?」聞くと、よく分からない歌を歌いながら「息子ダンス」(気が触れた阿波踊りのような踊り)を踊っていたのだけど、それはなんとなく封印していたようでした・・・。

そして良く食べること。
着いて早々、畑で採れたスイカとトウモロコシ。挨拶にいった親戚宅ではお煎餅、ジジババと散歩に行ってはジュースとアイス・・・(まあ特別)。お腹ぽんぽんでした。
考えてみたら、断乳後はじめての帰省。
ふらっと祖母と二人で散歩に行ってしばらく帰ってこなかったり(お祭りの「ちょうちんみたの」と言ってた)、いつの間にかイトコの家に行って玩具をもらってきたり・・・かなりの放置プレイ。本当にラクになったものです。

その他最近の様子
・トイレの「TOTO」のマーク好き。
見つけると「みてー、とーとーあったお!(←リアルおっくん)」と教えてくれるので、「本当だ、トートーだねえ」と答えると、何故か「かーちゃんは『くどっくどー』だお!○○が『とーとー』だお!」と訂正させられる・・・。くどっくどーって何!?
・保育園の影響強し。
一人で「つぎはー、△△げーむはじめるよ~」「こんどはー、なにげーむしようかな~」「おたんじょうびかい、はじまるよ~」「では~、あそんでくださーい」とか、縫いぐるみとかボール並べて仕切る。
「せんせー、おはよーございまーす、おなまえよびまーす、ありがとうございました!」とかも脈絡なく喋ってます。。
・なぜか「あかちゃん」。
断乳の際に「オッパイは赤ちゃんの。息子はもうおにいちゃん」って言い過ぎたかなと反省してますが・・・
最近「○○、あかちゃんなの」の言って抱っこを要求したり、甘えたりすること多々。
言うこと聞きたくないときは「おにいちゃん、ないの~!あかちゃんなの~!」と泣いてます。
「赤ちゃんにならなくても抱っこするよ!」と言ってるのだけどなあ。
いまだに抱っこ、抱っこ、で時にはげんなりもするのだけど、なんとなく「もうすぐ終わる」空気を意識するこの頃。少なくとも、1年後は今ほどは抱っこしていないだろう。そう思うと、心がこもる。
・言い間違い
お味噌汁→「おみしおる」


今回の帰省、先月お義兄さん宅に生まれた、9年ぶり第2子とのご対面を楽しみにしていたのだけど・・・なんと黄疸がひどく、光線治療のため入院中。。父母で交替しながら24時間付き添っているとのことでした。上の子のときは何のトラブルもなかったようなので、驚きましたが・・・。

跳ね回る息子に背中をバンバン叩かれながらも、健康でいることにつくづく感謝の日々。
trackback (0) | comment (0) | 息子2歳
2009/07/09 (Thu) 23:33:52

鼻が

更新滞っておりました。

コメント欄で少し触れていましたが、7/1(水)あたりから悩まされていた「匂いがわからない、味がわからない」という私の体調。
(※現状から言っておくと、薬を飲んでから復調してますのでご心配なく!)
「風邪が治って鼻が通れば戻るだろう」と軽く考えていたものの、匂いと味のない生活は想像以上に辛いものでした。料理をする気はまったく起こらないし、今の時期は食べ物が痛んでいるのも分からない。とにかく心が荒む。
もう耐えられない!とやっと耳鼻科へ行くことにしたのが7/6(月)。
その前にネットで同様の症状を調べると・・・

「原因不明、治らない」
という記述が多いこと(そして悩まされている人の多いこと)!!
一気に事の重大さに打ちのめされました・・・。

このまま治らないこともあるかも・・・と、さすがに落ち込む。泣きそう。
息子をお迎えに行った足で、耳鼻咽喉科へ。
先生
「女性に多いんだよね。治るかどうかわからないよ」。
やっぱり・・・と、でも覚悟はしていたので「息子じゃなかっただけマシ」とか苦し紛れに言い聞かせて、処方してもらった内服薬3種&点鼻薬2種をもらって帰宅。

1日目夜中
一瞬、匂いを感じる。慌てて匂いのするものを探して嗅ぎまくる。冷蔵庫でラッキョウのタッパーの蓋を開けたときの感動ったら!!
が、15分ほどで消失・・・。でも神経は死んでないのだと、希望を抱く。

2日目
朝、洗濯するときに洗剤の香り!その後、しばらくキープ。朝食の納豆ご飯の美味しいことよ・・・6日ぶりの味のする食事。嬉しくて会社にコーヒー牛乳やお菓子を買い込んで持っていく(先週はずっと白湯をすすっていた)。街の匂いが愛しい。
が、夕食後のお風呂の頃からまた消失。

3日目
やはり洗剤の香りから復活。
前日より弱めだけど(近付けると分かる、くらいのレベル)、なんとか1日キープ。頭痛と気持ち悪さがある。

4日目(今日)
1日を通じて切れ目なくキープ。大丈夫そうかな?でもまだ鼻声。微熱も続く。頭痛も。

そんな感じで、とりあえず復調してます。
でもまだ「いつまた無くなってしまうのだろう」とビクビクだし、薬をやめたらどうなるのか?という感じです。また明日病院で経過観察。

うちの夫が5年ほど前に「突発性難聴」(浜崎あゆみで少し知られるようになった?)になりました。そのときも「原因不明、特に治療法なし」。今は日常生活に支障が無いくらいに復活してますが、ちょっと体調が悪くなると、すぐに耳にくるそうです。
突発性難聴のとき、「とにかく早めの病院。24時間以内に治療を始められるかが命取り」と言われました。
今回の私の臭覚もそうですが、感覚器の障害は「いかに早く手を打つか」ということに懸かっているそうです。

なので、皆さん!!
脅すようで申し訳ないですが、ちょっとでも「おかしいな?」と思ったら、すぐに病院へ行ってくださいね!
ついつい自分は後回しにしがちだと思いますが・・・。
無理は禁物です!
trackback (0) | comment (6) | 息子2歳
2009/07/04 (Sat) 23:48:08

オケタニ最終日

母乳マッサージのラストへ行ってまいりました!久しぶりに息子同伴。

本当は先週の予定だったけれど、息子発熱によりキャンセル。
この日は午後のお昼寝時の時間しか予約できなくて、息子の機嫌が心配。
「まっさーじ、いくの」と1ヶ月前から意気込んでいたけれど、果たして?

案の定、電車到着直前にウトウト。駅から相談室までの坂道で「だんこ(抱っこ)~!」「もういかないの」とグズグズ。
ようやく到着して「覚えてる?」と聞いたら「おぼえてない」とのこと。
久しぶりの先生とも再会(前回は昨年10月、大泣き)。先生「大きくなって…最初気付かなかったよ!」と言われる。
さて、最後のマッサージ。
もう出てくるものはほとんど無い。黄みがかったり透明だったり、もう母乳でなく体液、という感じのものが少し。
先生とのマッサージしながらのトーク、今までどんなに支えになったことか(後半は授乳おもしろエピソードとかの雑談だったけど)。今回は担当の研修生の方が、息子さんを5歳まで授乳していたという話で盛り上がる。

で、息子・・・
この1ヶ月、「マッサージついてくるのはいいけれど、静かに待っていられる?」「『かえるー!』とか言わない?」と私がしつこく言っていたからか、持参した絵本をじっと読んでいたり、ベッドの枠の隙間からニッと顔を出したり、静かに過ごしておりました!!
横になっているので息子が何しているか分からず、あまりにも静かだったので「どこにいます!?」なんて聞いちゃったり。
終わったよ~、と戻ったら
「まってた」「いいこでまってた」
だって。
ちゃんとこちらの言うことを聞いていたのだな、とびっくり。
しかし近頃「いいこ?」とか聞く場面が多いので気になる。こちらも使い方気をつけねば。

そして、「断乳証書」いただきました~。
断乳 断乳2
子供向けのものかと思っていたけれど、母親向けの文章で、ちょっと照れましたが。

最後かと思うとやはりしみじみ感慨深いものがあって、一人だったら泣いてしまいそうだったけれど、息子連れだとそうもいかず。ばたばたと「また二人目のときお願いします~!じゃ!」みたいな感じで相談室を後にしました。却って良かった。
その後息子「おぼえてる」「またまっさーじいきたい」と度々言っています。

ちなみに、二人目のときは、また初診料がかかるとのことです(子供一人につきかかる)。次もプレママ講習(会費1000円で豪華お土産付き、初診料1500円免除)行こうかな・・・。
trackback (0) | comment (2) | 断乳の記録(2歳1~3ヶ月)
2009/07/02 (Thu) 22:52:56

落ち着いたような

発熱その後。。

6/30(火)
息子と一緒に10時間くらい眠り、起き抜けは「ちょっとラクになった?」と思ったけれど、食事が全然受け付けない。ゼリー飲料みたいなものしか取る気がしない。息子は登園時37.2度。テンション低め。咳は相変わらずひどい。
帰りにT医院へ(小児科&内科併設)。
息子は「治りかけに伴う咳」、私は「完全にもらったね」との診断。それぞれ薬をもらう。
私がもらった薬、錠剤&漢方だったけれど、食前に飲むと嘘のような汗が吹き出る。その後、悪寒と関節痛がだいぶ和らいだ。息子の遊び相手をする余力も復活してくる。
でも早めに就寝。夫が0時頃帰宅(今週は忙しい)してきたのも、全然気が付かなかった。

7/1(水)
5:50、「ごはんたべる」と起こされる・・・。
いい加減にしてくれ!と言いたいけれど、本当はこれくらいに起きるのが自然の姿なのだろうな。
梅干でご飯を1膳食べると、自分から布団に戻り、8時過ぎまで寝ていた。やれやれ。
息子の咳は良くなってきたみたい。元気いっぱい。
私は身体は動くようになってきた。空腹感はあるのに、食欲は相変わらずいまいち。鼻が詰まって、味がしない(涙)。

7/2(木)
息子、寝ているときも含め、咳はだいぶ出なくなった。
でも朝食後は、咳き込んで吐いた・・・。とはいえケロッとしていたし、その後は元気。完全復活!
私は、だいぶ食事が摂れるようにはなったけれど、味と匂いがしない。カレーですら!つまらない!
地味にダラダラの不調に、年波を感ぜずにはいられない・・・。
午後は保育園の保護者会。いろいろ、ぐったりと疲れる。

かきーん
「ぼーるとねんねする」と、野球のボールを握って眠った息子。
私「ホームラン打つ夢が見られるよ!」と誘導的に質問したところ、「みぎばったー」で「れふと」に「すりーらん」を打つとのことでした。
trackback (0) | comment (4) | 息子2歳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。