--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2009/04/30 (Thu) 23:19:31

断乳2日目

7:50起床。
その時の目覚めは良く、むくっと起きて、台所にいる私の姿を見つけると、にこーっと笑って小走りで駆け寄ってきた。ちょっと一安心。
で、すぐにアンパンマンを確認。特に泣かず。

その後は朝食も普通に食べて、いつもと同じ様子だったけれど、保育園に行こうと着替えを促すと「いかない!」「おうち、いる」。
こんなこと言うの、初めてだ。
ちょっと焦るも、説得するとやがて特に抵抗もなく着替え、無事に登園。ほっとする。

そして私も出社するも・・・
1日目は全然平気で「このまま大丈夫?」と思ったおっぱいが、昼近くからゴリゴリ。特に、出の良かった左。
お昼休みに帰宅して、前日から凍らせておいたタオルとキャベツと保冷剤で冷やす。

保育園では、特に問題なく過ごした様子。
帰り「原っぱ広場」に寄って遊んでいる時、一度「おっぱい!・・・おっぱいバイキンマン!」と笑って言う。
胸が張って、抱っこが辛い。夕方は軽くゾクゾクするも、ひどくはならず。
はらっぱ原っぱにて。
「帰ったらパン食べる」と話していたらか、帰宅して、今までは上着脱いで→手洗って→「パイ!」、の流れも「パン!」と言って、おっぱいのことには触れず。
今日は、1日目と比べると絵をみる回数が減って(2~3回くらい)、口で「バイキンマン?」とか言う方が多かったかも。

夜、トイレに行ってパンツを履かせるのに向かい合っていたら、たぶんパイ飲みたくなったのだろう。ニコニコしながら「ぽーん!」と、おっぱいを叩いて遊び出した。気持ちをごまかしているのだろうな。
実際、痛かったので「いたいよ~やめて~」と言ったら、「ちっちゃいぽーん」と、少しだけ触れたりして遊んでいた。
本当は「母乳が止まりにくくなるし、子供も諦めがつかなくなるから、触らせるのもやめた方がいい」らしいけれど、いじらしくていじらしくて。
始めは笑ってつきあっていたけれど、そのうち泣けてきて、涙が次々出てしまった。
息子、驚いたのか「いたい?」「ちゃいちゃい(ごめんなさい)」「はなみず」と言って、ティッシュ持ってきて私の涙を拭いてくれる。感動。。

この日は夫が深夜帰宅(会社関係だけど非オフィシャル焼肉・・・)。
お風呂は、遠い昔に買ったビキニの上を付けて息子と入る。2回ほど不思議そうに絵をのぞきにきたけれど、特に問題なし。

お風呂出てからは、なかなか眠らず。
やはり「ごろん=パイ」だから、ごまかそうとしている感じ。
一緒に昔のアルバムを眺めていたら、もう半年ほど使っていないマグマグが写っていて、棚の上に置いてあるのを探し出して、使いたがる。お茶を入れてあげたら、すごい勢いで飲み出した。

21:50頃、いいかげん添い寝体勢になって、絵本を読もうとするものの、一瞬「うぇっ」と泣き、「バイキンマン・・・」と言って、パジャマをめくる。絵を見ると「ぴあの・・・」と言って、絵本を一緒に読み出す。
私も眠くなって、ウトウト。はっと目を覚ますと22:40。

その後、おっぱいを少し絞る。左がガチガチ。
なめてみると、もう甘くなく、ほんのりしょっぱい。
ああ、もう「おいしー」「あまーい」のパイでないのだな・・・と、しんみり。
スポンサーサイト
trackback (0) | comment (0) | 断乳の記録(2歳1~3ヶ月)
2009/04/30 (Thu) 15:05:48

断乳1日目夜~2日目朝

21:15に就寝した息子。

その後、0時過ぎに起きる。
私の胸元を触って、いつものようにフニャフニャ言ってる。
今まで、授乳口のついているパジャマを着ていて、息子は自分で勝手にスナップボタンを外して飲んでいたのだけど、今夜からは普通のパジャマにした。ボタンが開かないことに「おっぱいバイバイ」を思い出したのか、だんだん泣き声が大きくなっていく。
抱き寄せて背中をトントンするも、抵抗。胸を突くように押されて、痛い。

そのうち身体を起こして本格的に泣き出す。
「飲ませろ」ではなく「飲めないのが辛い」という感じの泣き方。悔しそうに涙をポロポロ落とす。
お茶を飲ませようとするも、拒否。
居間の方を指して、「かーぶ」??みたいなことをしきりに言って泣いている。何を指していたかは不明。10~15分くらい大泣き。
夫に起きてくれ!と思ったが、起きず(朝聞いたら、泣いたのは知ってたらしい・・・なぜ起きない!?怒)。

やはりパイを欲しそうにするので、胸をまさぐり出すも、絆創膏のバイキンマンを見せると、さめざめと泣く。こちらも涙ボロボロ。でも口で「おっぱい」とは言わず、「かーちゃーん」「バイキンマン~」と言って泣いていた。
泣いてる子におっぱいをあげられないのが、これほど辛いとは。
やがて、自分から私の服を下げたりして・・・泣けて泣けて仕方ない。
しばらく居間の方で、立って抱っこしていると、絵本を欲しそうにする。
これ?これ?と次々めくっていくと、少し落ち着いてお茶を飲む。ミッフィーの本を広げると、やがてウトウトしてもたれかかってきた。
が、寝たかな?と思って布団に下ろすと、泣いて起きる。。
何回か繰り返して、ようやく寝る。0時半過ぎだったので、30分くらいか。

その後は、4:45に起きる。
このときも、寝たまま抱き寄せてもダメ。
すぐに身体を起こして、私のパジャマをめくろうとして、絆創膏を見てさめざめと泣く。胸をグイグイ押されて、痛い。お茶をあげると、今回はすぐにゴクゴク飲んだ。
「みっふぃ・・・」と、枕元に置いてあった6冊の本を、確認するように次から次へと出させて、めくってあげると私の身体にもたれてウトウト。
10分くらいで落ち着いたけれど、やはり横にすると泣き出してしまい、30分ほどかかってやっと眠る。

次は6:40。
「おきる~!」と泣く。
すぐに「アンパンマン、バイキンマン」と言い出して、私のパジャマをめくる。そして諦める。
お茶をあげるゴクゴクと飲む。その後、しばらくもたれかかっているうちにウトウト。横にすると、すんなり眠って7:50まで寝ていた。

日中は、理性で泣くことはなかったのだけど、やはり寝ているときは無意識下で飲みたがってしまい、可哀想なほど泣いた。今まで、目が覚めたときは、ちょっと泣けばパイが差し出されていたのだからな・・・無理もない。また、昼間がんばって我慢した部分が爆発してるのだろう・・・と思う。
trackback (0) | comment (0) | 断乳の記録(2歳1~3ヶ月)
2009/04/29 (Wed) 23:05:45

断乳1日目

(しばらく、断乳日記で長文になります。興味がない方はスルーしてくださーい!)

さて、断乳当日。

朝6時半くらいに一度起きて、いつも通りに添え乳。しみじみ。
その後、8時前くらいに一緒に起きる。起き抜けべったりパイ。

朝食を取り、9時くらいに最後の授乳。
その前に「いよいよバイバイの日だね」と言って、カレンダーにシールを貼ろうと差し出す。昨日までは喜んですぐに貼っていたけど・・・なぜか今日の場所に貼ろうとせず。違う日のところを「こっち?」「こっち?」とボケを入れる。現実を受け入れたくないのか・・・?
とうとう貼って、パイ。途中テレビに気が行って(休みの日は夫が点けっぱなし)、集中できてない感じ。
10分くらいしたところで離れたので、「いいの?」「ちゃんとバイバイして」と言うと、片方ずつ服をめくって、それぞれに「バイバーイ」と手を振る。が、その直後にまた5分くらい飲みだす。なんだか泣けてくる。
いよいよ離れたので、洗面所に行って、用意しておいた絆創膏(息子の指定通り、左にバイキンマン、右にアンパンマン)をパイに貼る。
で、戻って息子に左のバイキンマンを見せると「あっ」って(面白そうな)顔をして、「こっちはー?」と、アンパンマンの方をめくって見る。泣きはしなかった。
その後も、時折「みせてー」と言ってまた見せると、面白そうにしていた。

この日は11時から、家族で近くの物件の内覧(次の更新で一応購入予定なので探し中)。
不動産屋の中でも1回、「アンパンマンみせてー」と言うので、トイレで見せる。
その後、内覧とかするものの、夫と私の希望がかみあわず、ちょっと口論。というか、私はこの街を離れたくないと強い希望を持っていたのだけど、不動産屋の話を聞いて、「結論として無理」だと、いろいろきつく言われる(いつも通りの口調なんだけど)。ただでさえ断乳で気分が沈んでいるのに、追い打ちをかけられ、めげた。
タイミング的に仕方ないけれど、断乳って、子供の心のケアには気を遣うけど、母親の方の気持ちにもフォローして欲しいよなあ・・・と強く思う。もちろん、そんなことを本人に言っても、10倍になって言い返されるので黙ってるけど。

その後、いきつけのラーメン屋さん(座敷を貸してくれる)で昼食。
モヤシ炒め定食、ご飯半分にして食べる。しばらくはおっぱいが張ってしまうかもしれないので、食べすぎ・飲みすぎには注意しないと。スープも油っぽいので、少しだけ。
息子、ここでも「みせてー」とパイを1回のぞきに来る。

13時頃に帰宅。
昼寝に誘うも、なかなか横になろうとせず。
なんとなくだけど、添い寝しようとすると、おっぱいを思い出すから避けている・・・?って感じもする。
1回、ふざけてベッドから落ちて「ふぇーん」ってなったときに、断乳後はじめて「おっぱい」という単語を口にする。
「バイバイしたね」と言うと、「アンパンマン、なっちゃったー?」と言ってこらえる。
その後も昼寝せず。たびたびパイ「みせてー」と来て、1回、「ちゅー」と言って、軽く口をつけて笑っていた。泣ける。

結局、昼寝しないで、夕方また家族で買いもの等に出掛ける。
帰って夕食の支度中に、2度目の「おっぱい」。
再び「バイバイしたよね」と言うと、今度は「ぴあの、ちょーだい!」だって。断乳成功したら、トイピアノをもらえると言うことを、完全に理解している。

その後、夕食前にヨーグルトを2個(4個パックのやつ)すごい勢いで食べる。
夕飯も普通に食べて、20時半くらいに寝る体勢になるものの、やはり「ごろん=パイ」を思い出すのが嫌みたいで、居間にある玩具をあれこれ持ち出しては、気をそらしている感じ。
でもさすがに昼寝無しで眠い。21時過ぎにどうにか一緒に横になって、絵本を眺めているとすぐに目を閉じる。その後、少し「ふぇっ」ってなって、私の胸に顔をうずめて眠る。
もう、泣けて仕方ない。
本当は、母親側の気持ちに迷いとか、ぶれがあってはいけないのだけど、未練たらたらです。
おっぱいの方は大して張らず。痛みもない。

初日の日中は、思った以上に理解していて、偉いなあ・・・という感じ。
絵を見に来たのは7~8回くらい?「おっぱい」と言ったのは、寝る前にも確か1回言って、3回か。明日以降、どうなるか。
そして、夜中は果たして。
trackback (0) | comment (0) | 断乳の記録(2歳1~3ヶ月)
2009/04/28 (Tue) 23:57:54

明日から断乳です

29日の断乳に向けて、10日前の19日から自作の「おっぱいバイバイカレンダー」(くろ子さんの記事参照・・・またまた予告どおり紹介させてもらいました!)を見せて、1日1枚シールを貼ってカウントダウンの日々。

夫は「分かるわけないじゃん」とバカにしていたけれど、私から見ると、なんとなく神妙な様子の息子。
初日は伏し目がちでじっと黙っていた。「まだ大丈夫だよ、それまではいっぱい飲んで」と言うと、ひっつくように静かに飲みだした。
「この日になると、おっぱいに顔が出てくるから」と言うと、「こっち(右)アンパンマン、こっち(左)バイキンマン」と指差して言うので、その通りにするつもり。
ちなみに、桶谷式のやり方で断乳する自分、本当はおっぱいに「へのへのもへじ」の絵を描くらしいけれど(専用の顔料?口に入れても無害なものをもらえる)、先生と相談して、四角い絆創膏に、絵を描いたものを貼る予定。先生曰く「息子くんは繊細だから、絵だとショックが大きいかも」とのこと。
以前、白斑ができたときに絆創膏を貼ったら、そっちのパイは決して飲まなかった息子。果たして成功するか!?

毎日、シールを貼るのを張り切ってはいるが(「あしたはこれはう(貼る)ー」とか指差したり)、どことなく、しんみり、じっくり飲んでいるような気がする。
私もいろいろ「今までいっぱい飲んでくれてありがとねー」、なんて語りかけたりなんてすると、やはりじわっときてしまう。

ここ数日は、添い寝する前に、抱っこで飲みながら寝てしまう息子。
腕の中で眠る姿は、赤ん坊だった頃を思い出したりして、きゅーんとしてしまう。あの、寝てしまった後の口が離れる様子がなあ。何度も見たはずなのに。

前日の今日は、明らかにいつも以上に、べったり飲んでいた。
朝も起きて30分以上離れず。遅刻するかと思った~。
夕方もずっとべったりで、なかなか夕飯の支度に取り掛かれず・・・。でも今日はとことん付き合いました!思い残しはないです。明日の朝が最後の授乳です。

あと、なぜだか話の流れ(?)で、断乳に成功したら息子に玩具のピアノを買ってあげることに。前々からピアノにとても関心があるようだけど、やっぱり保育園の影響だろうな・・・。リクエストは「あかいぴあの!」だそうです。
そしてリサーチを始めた夫は、まんまと「トイピアノ」の世界に踏み入れました。。まあ、定額給付金を充てるとします。
「ピアノはどうしたらお家に来るのだっけ?」と聞くと、「おっぱいバイバーイ」と答えるので、思った以上に理解はしていると期待してます。

以降、断乳日記を綴る予定です。
・・・夜泣きするかな~。
trackback (0) | comment (6) | 断乳の記録(2歳1~3ヶ月)
2009/04/19 (Sun) 23:38:15

トイレのこと追記

あたかも、自然にトイレを覚えたかのような前回の記事でしたが、なんとなくもECをやっていたこともあったので、それまでにやってきたことを振り返ってみると、いろいろとあったような。
なんとなくまとめ。

・基本布オムツ(外出時、夜は紙オムツ)
・6ヵ月くらいから?気が向いたとき(お昼寝明けにオムツが濡れてないときとか)トイレに連れて行く・・・でも成功は1年で5回くらいだったか。
・9ヶ月くらいのときに、オマル購入。リビングの片隅に置いておく(人によっては生理的に許せないでしょうが・・・)。
・自分のトイレについてきた時は、トイレの様子を実況しながら見せる。
・お風呂に入るとき、最初におしっこさせる。これは1歳半くらいからできてたかも。
・1歳半くらい?から、ウンチした時はトイレでオムツ替え。その場で「ウンチバイバーイ」と流させる。
・実際にオマルでおしっこ成功したのは、1歳10ヶ月。
・ちょうどそれくらいに、排泄ものの絵本に興味を示すようになった。
しっこっこ (できるよできる)しっこっこ (できるよできる)
(1999/06)
西内 ミナミ

商品詳細を見る
図書館でその場にあったものを適当に借りたのだけど、最初はこれがヒット。
オマルに誘うと、「ちっこっこ~」と、この本を片手に座るように。

トイレで すっきり―こぐまのくうぴい (ミキハウスの絵本)トイレで すっきり―こぐまのくうぴい (ミキハウスの絵本)
(2005/03)
なかや みわ

商品詳細を見る
その後、やはり図書館で借りたこちらが大ヒット。
母的には、ミ○ハウスも、この手の絵柄も趣味でないのだけど・・・。
いまだに「くうぴい!」と、本を持参でトイレに行きます。絵本に出てくる補助便座が、家で使っているコンビのものと類似してるのも大きかったかも。
この『くうぴいシリーズ』、「はみがき」や「じゅんばん」も息子の心にヒットして、大助かりしてます。

それから・・・
・ズボン、パンツを脱ぐ時に私と夫が知らず知らず(笑)歌ってた『ピコレット』のCMソングがヒット。
昭和の時代の芳香剤のコマーシャル・・・覚えてますか?
オムツ替えを嫌がる時に、「ズボ~ン脱いで~シャッ!」と歌うと、すんなり脱いでくれます。
が、こんな歌を一緒に口ずさむ21世紀生まれの2歳児って・・・。

ついつい動画を。貼るの初めてで上手くできてるかな?
trackback (0) | comment (2) | 息子2歳
2009/04/18 (Sat) 23:27:42

2歳1ヶ月

2歳も1ヶ月が経過。早い早い。

この1ヶ月での大きな進歩といえば、なんといってもトイレ!

3月に入って、家でのパンツ生活を始めたのだけど、しばらくはできたりできなかったり。
が、4月に入ったくらいから?ちゃんと記録してなかったので、よく覚えてないけれど、いつの間にか、ほとんどオマルかトイレでできるようになったので、こちらとしてもちょっとびっくり。

ウンチはここ1ヶ月、オムツにはしてないはず・・・。お漏らしも、週末で旅行に行って(その間ずっと紙オムツ)、帰宅した夜2回したくらい。疲れたのと、ペースが狂ったので仕方ないというか、むしろ申し訳なかったくらい。でも、ホテルの部屋のトイレでウンチを成功するという快挙(?)も。
今でも外出と夜は紙オムツで、夜はまだたっぷりしているのだけど、外出中も、事前報告でトイレに行ったり。「ちっち」と言って教えてくれるのだけど、「トイレまで我慢できる?」と聞くと「がまん」と言って、本当にトイレまで我慢してくれたりもする(もちろん「でちゃった」もまだ度々)。

保育園では、まだトイレタイムがなくて、基本紙オムツ。
たぶん本人も「ここではオムツ」と思っているのだろう。たまに、同級生で3歳くらいの子がトイレに行くのに付いて行ったりしてるみたいだけど。せっかくなので早く始めてほしいな~。
まあ、特にトレーニングのつもりもなかったので、こちらとしては大助かりです。夏は海パンだけでプール行けるかな?夜のオムツに関しても、自然に任せる予定。

お喋りも面白くなってきました。
そうそう、この前息子とお風呂に入っていて、帝王切開の傷の上に座られたとき、ちょっとひきつったので痛がってたら、「なーにー?」と聞いてきた。で、答えるともなしに「腹の中にいたの覚えてるの~?」と言ったら、笑って「せまーい!」だって!!
たまたまなのか、それとも胎内記憶ってやつか・・・!?
追々リサーチの予定。
trackback (0) | comment (2) | 息子2歳
2009/04/15 (Wed) 23:05:57

断乳の相談

ついに・・・
断乳に向けて動き出しましたよ!

当初は「本人の気の済むまで」「いらないと言われるまで」と思っていたけれど、なんとなく
「もうオッパイ無くて大丈夫なのでは!?」
という感じも見受けられるようになってきた、近頃の息子。

ダラダラ使っていた哺乳瓶もいつの間にか卒業したし、オッパイ無し就寝も何回か(先月、4日連続というときがあったので、このままいけるか?と思ったのだけど、その後元通り)。
ダンナの寝かしつけも成功率アップ中だし
先日の帰省の際は、朝起きてから18時半まで飲まなかったこともあった。

私の方も、いいかげん、ご飯の最中に飲みたがることにイライラしたり、加えて生理が再開してからは貧血でフラフラ。
「2歳まではあげたい」という、なんとなくの想いも叶ったし、漠然と、「もういっか~、でも一歩踏み出せないなあ」と思ったところに、決め手となったのが、ブログを通じて母乳育児の悩みを励まし合ってきた、くろ子さんの断乳の記事(予告どおり、紹介させてもらいましたよ~)。

詳しくは記事を参照されてほしいのですが、何というか、今まで「卒乳」でない「断乳」に持っていたマイナスイメージが払拭されました。家族で乗り越えていこうとする姿、息子くんの成長に、ただただ感動。自然卒乳ももちろん素晴らしいことだけど、断乳もご本人が言うように「素晴らしい体験」でもあるのだな、と(それぞれの家庭環境や、家族の状況、子どもの成長を見極めることはもちろんだけど)。
断乳へむけて、俄然前向きになったのでした。


でもって、久しぶり(しばらくは1ヶ月に1回ペースだったけど、最近は頃合見て行く感じ)にオケタニの母乳マッサージへ。
先生とも、しみじみ話して、断乳の相談をする。

桶谷式では、真夏・真冬・梅雨・季節の変わり目を避けた時期を推奨。GWは家族の協力も得やすいし、断乳する人の多い時期(ちなみに真夏に断乳すると、残乳が胸の中でヨーグルトになるという話は、まったくの嘘だそうです。笑)。
我が家は夫がGW仕事になりそうなので、母子で帰省するつもり。その兼ね合いなども相談。
こちらの相談室では、断乳後3日目、それから1週間後、3週間後、4週間後と、4回に渡って手当てをしてくれるとか。
実家で断乳開始すると、帰京する時オッパイが辛いだろう(カチカチで抱っこもできない?)から、1回絞ってから帰省することに。
というわけで・・・4/29に決行予定!です。
果たしてどうなることやら・・・ドキドキ・・・。

スタートはつまづいてばかりの授乳生活でしたが、ほんと良くここまでこれたなあ、と感慨深いものです。
最近では、飲みたいとき「おっぱい、のんで、いーい?」と聞いてくるので、「えー、ちょっとだけだよ」と答えると、「おっぱい、いっぱい、のんでいーい?」と言い直してきたり、
「どんな味がするの?」と尋ねると、「おいしー!」とか「あまーい!」と、満面の笑みで言ってくれたりと、喋れるようになるまで授乳してきたこそ、のお楽しみを満喫していたのだけど、まあ、思い残すことはないかな。

あと少しの授乳生活、楽しみます。
そして、今年の夏はビールを浴びるほど呑むぜ!って、真の目的はそこか。
trackback (0) | comment (4) | 断乳の記録(2歳1~3ヶ月)
2009/04/14 (Tue) 15:31:29

バブこわい

1歳半過ぎくらいから?「怖い」を使うようになった息子。

最初は、クリスマスに飾った、雪だるまの人形。
接触がおかしくて(不良品をタダでもらった)触るといきなり音楽が鳴り出したりするので、触りに言っては「こわーい」と、ニコニコしながら遊んでいた。ちなみに彼はいまだに雪だるまのことを「こわーい」と呼んでいます。
そのときは、まだ「怖い=恐怖」という感覚はなかったかと思うのだけど。

いつからか、どこからか、本来の意味で使っている感じ。
そして・・・
先月の末に、またもや(汗)私がライブで夜外出の日の話。

夕方、夫とスーパーに買い出しに行った息子、試供品で入浴剤「バブ」をもらう。たぶん、お菓子か何かと勘違いして、帰るまでずっと握りしめていたとか。夫が「今日は風呂にバブ入れるか?」と聞いたら、「いれるー!」と張り切って、そして、夫とお風呂に入ってバブを投入したところ・・・
・・・大泣きしたそうです。

よっぽどの恐怖だったようで、それから1週間はノーマルお風呂でも大泣き。入るまでも一苦労だし、入浴中もしがみついて離れない。
しかも、味をしめた(?)夫が、何かにつけて息子が悪いことをすると「バブ来るよ」と脅す。これが効果てきめん。
あんまり怖がらせるのもどうかと思うのだけど・・・でも夜遅くまで大騒ぎしたり、音の出るおもちゃを鳴らしたりして聞き分けのないときは、「こんな夜にうるさくしてると、バブに見つかっちゃうよ!」なんて言うと、「バブこない?」「バブいっちゃった?」と大人しくなるから、ついつい使ってしまう。
アパートの2階の人の音がするのもビクッとなって、「にかい?」「うえ?」とか言ってる。

私自身、子供のとき(今でもか)すごく怖がりだったので(家が軋む音すら怖かった)、なんだか可哀想になあ・・・。今はもう、お風呂は平気だけど、夫が冗談で「あっ」って顔をするだけで、しがみついてくる状況です。
バブこわい
こんな感じで泣きついてくる息子。
trackback (0) | comment (4) | 息子2歳
2009/04/09 (Thu) 00:24:32

また遭遇

20090415002424
先週末、デパートにて。
リアルメルちゃん。こわかった!
trackback (0) | comment (3) | 息子2歳
2009/04/07 (Tue) 23:43:45

お花見2

公園1 公園3保育園帰り。近所の公園にて。
公園2 公園4
あ、息子がほとんどいなかった。
trackback (0) | comment (0) | 息子2歳
2009/04/06 (Mon) 00:07:47

お花見

善福寺1 善福寺2
日曜日、善福寺公園へお花見。
1年前は、3家族合同だったのになあ・・・と、ちょっとしんみり。

井の頭公園の桜よりボリュームは無いものの、現在の自分にはここが「地元の桜」。
井の頭は乱痴気騒ぎがすご過ぎて、ここ数年近寄る気になれません。。

最近、ハンバーガー狂いの息子なので(お昼何食べたい?と聞くと「はんばーがー!」)、公園近くのお気に入りパン屋『ブルク』(お惣菜パンが豊富)にて購入、空いたベンチを見つけると、さっそく「花より団子」。
善福寺3 善福寺4
一回りして、のんびりボートに乗ってみました(足でペダル漕ぐタイプ)。
ハンドルを放さない息子・・・同じところをグルグル回り、池の鴨が呆れていました。
でも、まあまあ楽しそうだったかな。
桜も満開ですばらしかったです。
また来年もここの桜が見られますように。
trackback (0) | comment (4) | 息子2歳
2009/04/01 (Wed) 23:56:46

入園式~一時保育

入園式。

疲れた!!
まず、午後からの託児の準備持参で大荷物。

息子、入口で緑色の名札(これまでは赤色)を付けられた時点で大泣き。
やはり、他の子たちと前の席に座ろうとせずに、私の膝の上。3歳くらいまで、男の子はお母さんと一緒の子が多かった。女の子はもちろん平気!男はダメだなー。
式が始まると、なぜか靴下を脱いで「ポイ!」と投げ出す。。
そのたびに、他のお母さんが拾ってくれ「すみません・・・」と頭を下げる。
そして園長の話のとき・・・
「いすポイ!」と言ったかと思うと、正面最前列まで行って、椅子を倒してきた!!
もちろん注目の的。
たまらず抱きかかえ(もちろん泣き叫ぶ)、部屋の外へ強制連行。
給食の先生が、なだめようとお茶を出してくれたのも、叩こうとしたり、靴下入れようとしたり。
まー、ひどい荒れっぷり。
うまく言えないけれど、「こういう状況」が嫌で抵抗しているのは良く分かるのだが。さすがにこちらもドッカンドッカン雷を落とさせてもらう。
新入園の子たちも泣き騒いでいたのが、せめてもの救いか。。

終了後、そそくさと先頭切って退散。
午後の託児までの時間に、途中のショッピングセンター内のモスバーガーでお昼を食べることに。
注文して、席につこうとすると・・・
園帰りの、同級生の男の子&お母さんに遭遇!
思いがけず、一緒にお昼をすることができました。
今の保育園で、こうして母親同士ゆっくり話すのは初めて。
まあ、「やっぱり」な話をいろいろ聞けて、有意義でした。
こちらのお母さん、今年度の父母会役員を引き受けてくれたのだけど、就任早々「園の運営には一切口を出さないこと」と釘を刺されて驚いたとか。すごいなあ。。

その後、バタバタと保育ママ宅へ。
今まで一緒に過ごした3歳の女の子もいたので、こちらを振り返りもせず、部屋に入っていってしまった(あとから思い出して玄関に行って、かーちゃんいない、と泣いたらしいが)。
先週ちらっと寄ったとはいえ、3ヶ月以上ぶりなのに。こちらとしては一安心。
その後も問題なく過ごした様子。
ちょうど、初めて預けた日から1年。
遥か昔のことのよう。成長したものだ。

お迎え時、ちょうどすごい土砂降りで、「おさまるまで上がっていって!」なんて30分くらい寛がせてもらったり。
保育園に入っているのに、お金出して託児ってどうよ!?なんだけど、こうして過ごせる場所があるのは、本当にありがたい(当初はストレスだらけだったけど・・・苦笑)。
息子がリラックスしているのも良く分かる。2年前に保育ママさん定年予定が、結局今年度も延長とのことなので、この先も機会があったらお願いしてもいいかなと。
trackback (0) | comment (2) | 息子2歳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。