--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2008/08/30 (Sat) 02:48:13

帰省

20080830024811
久しぶりの母子二人での新幹線帰省。

大人しく抱っこされてくれるかなー?と不安だったけど…。
見事にエルゴ拒否(泣)。
なぜか、私が腰に巻き付けただけで引っ張って大泣き。仕方なく片手でトランク引きずり、片手で11キロ弱抱っこ、肩にカバン下げて出発…。せめて歩いてくれればいいのに、下ろすと号泣。道路に寝転ぶわで、道行く人の視線が痛かった!家から駅まで通常10分のところ、40分かかりました…。腕パンパン。

最近の息子、自己主張が激しく、思い通りにならないとすぐにキーッとなって手を焼く。
イヤイヤ期の前触れ…?今からこんなじゃ、ピーク時はいったいどうなってしまうのだろう!?
スポンサーサイト
trackback (0) | comment (0) | 息子1歳
2008/08/28 (Thu) 00:25:18

帝王切開のこと

続いて、帝王切開についてあれこれ。

自分は陣痛で2晩眠れなかった揚句に緊急帝王切開という、スマートとは言えないお産だったので、大変だったねと労られることが多いのだけど・・・
世の中には予定帝王切開で「楽して出産」と扱われ、傷ついている人が非常に多くいます。
それは自分が帝切になったから知ったことだし、普通分娩だったら今でも無神経な発言をしていたかもしれないと思う。
現在は全然気にならないけれど、産後しばらくは「助産院で自然分娩しました!」とか、「入院して○○分のスピード出産でした!」なんて誇らしげ(?)な話を聞くと、どうしても自分が「ダメな出産だった」という気がしたり、子が泣いて泣いて泣いて手がつけられなかったりすると、「ひどい出産だったから?」とか思って気が沈んだりもした(今になってみると、笑いとばせますけどね!)。
なので、そんな思いを知らずにいないで良かった、と、自分なりに意味のある体験だったのだ、と今では思ってます。
帝切か否かに限らず、妊娠・出産・育児には、本当にそれぞれの人の、いろいろな状況や思いがあるということを考える機会であったようにも思います。

その人の体質や、病院の方針で状況はかなり変わるので、以下、あくまでも自分の場合の個人的な覚書です。
(この手の話が苦手な方はスルーして下さいね)
    ≫ read more
trackback (0) | comment (2) | 息子1歳
2008/08/25 (Mon) 00:11:36

産後の経過

本当は1年経過したときに、産後の身体的な経過について総括(ちなみに当方帝王切開です)する予定で下書きをしていたのだけど、ズルズルと5ヶ月が過ぎました。。。

中途半端な感じですが、1年5ヶ月を経過して、産後のことをあれこれ。

まず体重。
妊娠中はピーク時で+8.4キロ。出産直前は+7.2キロで、退院時(産後1週間)は-7キロ。ほぼ妊娠前の体重。1ヶ月検診では妊娠前-1キロ。
半年はいくら食べても(とはいえ母乳トラブルのため、かなり節制)魔法のように太らず。これが母乳の威力か!と、調子に乗って食べ続けていたら(内容も気にしなくなってきた)、半年過ぎた頃からブクブク太る。妊娠前+2~3キロくらいをキープしていたけれど、働くようになったら少し落ち着いて(間食が減ったから?)、現在は+1キロくらい。
妊娠前のズボンは産後2ヶ月くらいからはけるようになった。体重が戻っているのに、骨盤が広がっていて入らないというのは不思議だった。外出時には、妊娠中に買ったマタニティでない前開きのワンピースが大活躍。
骨盤戻しには、しばらく『トコちゃんベルト』を愛用。周囲にも使用者多かったです。

恐らく、未出産の方の最大の関心事?「腹」については…一向に戻る気配は無し(泣)。努力をしないと弛む一方です。伸びた皮膚はなかなか戻るものではない…。
「胸」も最初は気にならなかったけど、ここ最近になって下がってきたよな…と認めざるを得ない。卒乳したらどうなるのか、かなり不安。萎むのだろうなあ…。
一般論として、若ければ若いほど体型の戻りは早いらしい。

抜け毛は3ヶ月からホラー映画のように抜けたけど、10ヶ月くらいには落ち着いてきた。一時期、ほとんど気にならなくなったけれど、また夏場は抜けてきた気がするので、季節的なものもあるかも。

手術の傷は残念なことに下半分(縦切り)がケロイドに。ミミズ腫れのように盛り上がり痛痒い。息子と風呂に入る時、ちょうど傷の上に座らせるので辛い。
ということで、10ヶ月くらいから皮膚科に相談。飲み&塗り薬で2ヶ月ほどかけて治療。ちょっとずつ治まってきたけど、行き詰まってきて、その後ステロイドの貼り薬を1ヶ月ほど。
が、そのテープも痒くなってきたので、まあ、この程度でしょう、というところで終了。まだちょっと痒い。。。二人目も切るなら、その時きれいにしてもらおう。


「帝王切開」のことについても、そのうち振り返る予定です。
そして、今さらなんですけど、出産のことを記事にしていないので、忘れないうちに残しておきたいなと(手書きの日記はあるのですが)思ってはいます。
trackback (0) | comment (2) | 息子1歳
2008/08/22 (Fri) 23:52:24

息子ワールド・その2

オムツ一丁姿で失礼します。
しかも微妙に大きくて、ずり下がってますが。。。
(ちなみにカバーはバンピーのLサイズです)

できるかな1この日は缶の積み上げに挑戦。
今までの記録は4個。更新なるか・・・。
できるかな2 できるかな3難なく、5個に成功!
できるかな4さらに6個に挑戦。必死に背伸びしていたら、父ちゃんが椅子に立たせてくれました。

が、この後敢え無く崩壊。記録は5個でした。

できるかな5懲りずに2列・・・。
できるかな6でもって、お片付け。
できるかな7
拍手を強要。ハイハイ、見てる見てる。良くできたよ。。。
できるかな8
あら、箱まで元の位置に戻してくれるんですか・・・。
trackback (0) | comment (4) | 息子1歳
2008/08/21 (Thu) 23:26:25

息子ワールド

作業1振り返ると、缶飲料(生協でケース買い)を台所のテーブルにせっせと並べ中。
作業2で、片付ける・・・。

あたりめ1この日は、台所の下の戸から鍋とフライパンを取り出し、テーブルに並べ、おやつのあたりめを一切れずつ配置。何故か右手には食事用エプロンを手提げ持ち。
あたりめ2で、食べる・・・。

こんな感じで、日々なかなか忙しく過ごしているようです。常に真剣な顔してます。
trackback (0) | comment (0) | 息子1歳
2008/08/18 (Mon) 23:59:43

1歳5ヶ月

1歳と5ヶ月になりました。

1歳を過ぎると、あっという間に成長していく気が・・・。
そういえば最近、ちっとも体重を量っていなくて、家の体重計で量ってみたら10.6キロ。母子手帳のグラフでみると、平均より少し多いくらい。いつの間に・・・。1週間おきくらいに量っては、1日あたりの増加が何グラム・・・とか計算してやきもきしていた頃が、今となっては懐かしい。。

最近の息子。
・要求があるとき、こちらの手や服を引っぱって、連れて行かれる。
パイを飲むとき「座布団の上」が定位置になったらしく、引っぱって行かれて、ここに座れと指をさす。その座布団に夫が座っていようものなら、「どけ」と突き飛ばす・・・。
・冷蔵庫を開けてしまうように。
いちばん下の段の冷凍庫(引き出し式)を開けては、氷を取り出して遊んでます・・・。怒られるようなことをするときは、こっちの顔を伺いながらニヤニヤ。
・最近、場所見知り。初めての場所はコアラのようにしがみついて離れず。
・スイッチのオンオフ大好き。扇風機の電源を入れるたびに、タップを切られるのでイラッ。
・届かないところにあるものを「取れ」と要求され、満足すると「戻せ」と要求される。うるさい。
・言葉は 「がんが」・・・電車(多分、がたんごとん)
      「ぶーぶー」・・・車
      「ばいば」・・・バイバイに言葉が付くように。
      「とーちゃ」「くわーちゃ」・・・父ちゃん、母ちゃんはほぼ使い分け。
あと、なんだか知らないけれど「にゃーだかにゃーだかにゃー」「つぱちゅぱたぱたぱたー」など、とにかく良く喋ってる。
・「並べる」ブーム。何気なく振り返った時に、缶ジュースが縦に積み重なっていたり、テーブルや床にいろんなものが並べられていて笑える。
1,5歳お土産に頂いたゼリーの容器に、1個ずつ氷とパンの切れ端を入れ、鞠とペットボトルとを配置。何のイメージなのだろう・・・。
      
trackback (0) | comment (2) | 息子1歳
2008/08/16 (Sat) 23:59:16

出てきた

金曜の朝8時に磁石を飲み込み、一騒動でしたが・・・。

土曜の夜10時、無事に排泄されました!

滞在時間、約38時間。
息子の体内を旅してきた二つの磁石は、ちゃんとくっついたままでした。
夫が「記念に取っておく?」と言ったけれど、もちろん速攻で捨てました!
やれやれ一安心。。。
trackback (0) | comment (4) | 息子1歳
2008/08/15 (Fri) 23:59:07

誤飲!!

父子2人の2日間も無事終了し(相当疲れていた・・・)、最後の1日は「ひととき保育」の日。
水遊びや給食があるのが楽しみ(私が楽しみでも仕方ないけど)で、前日は持ち物に名前を書いたり、いろいろと準備。

が、朝食後に歯磨きしようと息子をみると・・・いつも冷蔵庫に貼り付けている、ちっちゃい磁石つきのマスコットを口に入れて遊んでいる。だいぶ前から、それで遊んでいるのは知っていたし、それに限らず、けっこう小さな物をよく齧っていて、でも飲み込むことは無かったので「彼は飲み込まない人だろう」と思っていたのは大甘だった・・・。

マスコットに貼りついていた磁石の部分を齧りとって口に入れていたので、さすがにダメだよと取り出そうとしたら・・・飲み込んでしまった!!

しかも、どうやら2つ。

1センチにも満たない小さなものだったし、最初は呑気に「排泄されるでしょ?」くらいに考えていたけれど・・・「磁石」というアイテムが気になり、軽く調べてみる。

すると
「1個ならほとんど大丈夫だけど、2個以上は腸に挟まったりすると腸閉塞になる恐れがあるので、すぐに病院へ」
とのこと!ショック!

かかりつけ病院が開く9時までにはまだ間がある。とりあえず、区の医療案内ダイヤルに問い合わせると、「大きい病院でないと内視鏡などの処置ができないと思いますので」と、赤十字や大学病院を案内される。
やっと焦り出す自分・・・。内視鏡って・・・?麻酔とか!?

しかも近くのO病院では設備が無いと言われ、結局、以前夜間救急に行った、K大学病院まで行くことに。長丁場になりそうなので、ひととき保育はキャンセル。。職場にも電話連絡。

あらかじめ電話しておいたのと、診察券を作ってあったことで、受付はスムーズだった。
まず、とりあえずレントゲンを撮る。はっきりと磁石を確認。二つはぴったりとくっついている様子。
「取っちゃいましょう」と言うのでどうするのか・・・?と思ったら、先端に磁石がついている細長いチューブを、喉から入れて引き上げるとのこと。麻酔などは無し。「ちょっと押さえつけてがんばってもらう感じだけど・・・」とは言っていたので、予想はしたものの。
処置は別室、地下の「X線TV室」という場所に移動。身体の中の様子を確認しながら操作するようで、X線除けの重たいチョッキを着た人たちが5~6人がかり。私はドアの外で待機。抱っこを離された瞬間から泣き叫ぶ息子。ひたすらギャー!!の中に、たまにグェ~!とか聞こえてくる。座ってもいられない。
5分・・・10分・・・まだ終わらない。そのうち泣き声もか細くなってきた。。
15分経った頃にやっと終了。
しかも・・・「取れませんでした」!!
「2つくっついて離れないと思うので、排泄されるのを待って大丈夫だと思います」とのこと。まあ、結果論だけど・・・こんな目に合わせることなかった。。。
放心状態の息子、髪が汗でずぶ濡れ。口をちょっと切ったらしく、血の跡が。痛々しい。
こちらがちゃんと気をつけていれば、こんなことにならなかったのに・・・ごめんよ・・・。

世の中に不信感を抱いたのか?しばらくはニコリともしないで、ひたすらべったり。家に帰ると、パイ飲んで、疲れ果てて寝てしまう(その後は通常どおりな感じに復活で一安心)。

とりあえず今後は便チェック。週末出てこないようだったら、月曜日に再受診。
無事に出てきますように!
そして、今さらだけど飲み込みそうな物を再チェックして片付けないと!!
反省の1日でした・・・。
じしゃくこいつです
trackback (0) | comment (0) | 息子1歳
2008/08/13 (Wed) 23:44:39

水遊び

20080814004618
今週は保育ママさんがお盆休み。
「ひととき保育」(区立保育園などの預かり保育)の予約が1日しか取れなかったので、2日間は私が会社を休み、あとの2日間は夫が会社を休んで子守。
久しぶりの息子とマンツーマンの2日間。
何して過ごそう・・・やはり「水に浸ける」しかないと、1日目は近所の水のある公園へ。
保育ママさん宅では、水遊びはおろか、お散歩も滅多に行かない環境・・・。なので、できるだけ外で水遊びをさせたいという思いもある。
初めての場所に、最初は警戒していた息子(最近場所見知りする)も、そのうちテンション上げて遊び出す。もちろん着替えを持っていったものの、水の中でお尻ついて遊び出し、ずぶ濡れのまま他の遊具の方でも遊び・・・泥だらけ。その状態で抱っこを強要されるので、たまったものでない。蚊にも刺されまくる。蚊よけクリームを塗っていったものの、私は20ヶ所くらい刺された。1時間ほどで切り上げようとしたけれど、全く帰る気なしの息子。結局2時間ほど過ごし、最終的にはオンブで強制送還。
20080814004437
連続で公園は辛かったので、2日目は0123吉祥寺へ。
8月いっぱいプール遊びを開催してるということで、そちらを利用。
やはりちゃんと管理してくれているとラクだ・・・。最初はヒーヒー泣いていた息子も、そのうち元気に遊び出した。他の子もいるのが楽しいみたい。
プールから出たあとも、滑り台やままごとセットなどで積極的に遊ぶ。この場所に来たのはいつ以来だろうか・・・ずいぶん久しぶり。その頃はまだ歩いてなくて、遊び方も全然違かったなあ・・・と、ほんのちょっと前のことを、遠い昔のことのように思い出してしみじみしてしまった。。。
trackback (0) | comment (0) | 息子1歳
2008/08/08 (Fri) 01:13:30

コップちゃん

コップちゃん (ブロンズ新社のFirst Book Series)コップちゃん (ブロンズ新社のFirst Book Series)
(2003/08)
中川 ひろたか100%ORANGE

商品詳細を見る
絵本づいていますが・・・。

図書館で借りて、以前から欲しかったブロンズ新社のFirst Book Seriesをついにぽちっとな。
夫の両親から子供の日にいただいたお祝い(いつの話だ・・・)で
こちらと
スプーンさん コップちゃん くつしたくん (ブロンズ新社のFirst Book)スプーンさん コップちゃん くつしたくん (ブロンズ新社のFirst Book)
(2004/01/15)
中川 ひろたか

商品詳細を見る

ふねなのねバスなのねおうちなのね 3冊セットの計6冊を一気に入手です。

息子、久しぶりの『コップちゃん』を覚えているのか?よく分からないけれど「いないいないばあ」の部分で大笑い。とりあえず初日は『スプーンさん』が気に入ったようで、「ダンスダンス ダンスダンス」や「はーい ぱくっ」でも大笑いしていました。手応えのあるリアクション。

イラストはいわずもがなの100%ORANGE。
育児をしていて思うのは(妊婦時期も含めて)、育児用品やら玩具やら絵本は、親の自己満足を満たすべきだなと。服なんて、本当に着られる時期が短くて、「いっかー西松屋で」と安いもので妥協しがちだけど(西松屋にも掘り出し物があって侮れないし、いろいろ愛用してますが)、着せたり脱がしたり洗ったり干したり・・・気に入ったものの方が、視覚的にも精神的にも良いものだと思います。ささやかなストレス発散です。
ということで、絵本も自分が触れていて楽しいものが大前提。ほんと何十回も何百回も読むのだし。

そのうち、息子自身で読みたいものや身につけたいものを選ぶのだから、今のうちにせいぜい楽しんでおきます。
が、すでに彼は気に入らない服は頑なに拒否しますが・・・。赤い色の服が好きみたいで、タンスの奥の方にしまっておいても引っ張り出してきます。夏なのにネルシャツを出すのはやめてほしい。。。
trackback (0) | comment (0) | 息子1歳
2008/08/06 (Wed) 23:30:20

うさこ好き

現在の息子のブームはミッフィーとバーバパパ。
図書館で常に絵本を借りてきて常備。。。というか、自分がハマリ中。シリーズ全制覇を目指してます!

ミッフィーの絵本はたくさんあって、訳者も何人か。
が、やはりシリーズはじめの方の、石井桃子さん訳が素晴らしい!
ここでは「ミッフィー」は「うさこちゃん」。
おとうさんは「ふわふわさん」、おかあさんは「ふわおくさん」。
口に出して読むと、リズムの良さがよくわかります。

「ああ はやかった らくだった。
とうさんは うまみたいに ちからもち」

「ほら ごらんなさい まどから そとを。
ゆきが ふったわ あんなに たくさん。
ばんざい。あそびにいってもいい?」

家にもやはり欲しいな・・・と思っていたところ、先日、古本屋でこちらの4冊組を発見。
子どもがはじめてであう絵本 第1集   4冊セット子どもがはじめてであう絵本 第1集 4冊セット
(1964/06)
石井 桃子

商品詳細を見る

しかも定価2200円が840円!いい買い物だった。やはり「ゆきのひのうさこちゃん」はかわいいなあ!息子に同じ格好(コスプレ?)させようかと目論んだりして。


先日、帰省のときの出来事。
私はその時お風呂に入っていたのだけど、母が布団を敷いていたら、息子が突然泣き出し、敷くのを猛抗議したらしい。どうしたのだろう?と思っていたら、持参したうさこちゃんの絵本を持ってきて・・・どうやら、いつも寝ているミッフィー柄の布団でないのがダメだったらしい。そこまでこだわるとは!びっくりです。
trackback (0) | comment (0) | 息子1歳
2008/08/05 (Tue) 01:19:46

地震対策

巷でけっこう話題になっていますが・・・

8月6日に関東に大地震がくると、ジュセリーノさん(けっこうゴールデンで特番やってる人)が予言しているそうで。
他の方のブログでも、災害対策の見直しをされている話を最近目にします。

まあ、そういった「予言」に振り回されたくはないですが(でも地震怖い)、大地震はいつかかならず起こるもの。そういう意味では毎日が予言日と捉えても間違いではないのですよね・・・。

というわけで、我が家でも非常持ち出し袋の中身を再チェックしたり
<参考サイト>赤ちゃんがいるうちの防災のおはなし
災害時の連絡方法の確認をしたり。
災害用伝言ダイヤル

そういえば聞いていなかった(!)保育先の避難場所も、この機会に確認(T神社ならびにS中)。

予言はもちろん外れて欲しいと祈るばかりですが、こうして意識を高めるきっかけとしては悪いことではない気がします(本来予言とは、そのようなものであるはずだし)。
それにしても「守るもの」ができてしまったという重さを、今さらながらひしひし感じたりもします。。。
trackback (0) | comment (0) | 息子1歳
2008/08/03 (Sun) 23:08:10

海へ

20080804030808
夫も一緒に、土日の1泊で私の実家への帰省。
今回もレンタカー利用。
2時間で到着する予定が、渋滞で4時間。甘く見てた…。

さて、実家は海の近く。
せっかくの機会なので、息子を海で遊ばせようと、事前に地元の友人から海水浴場情報を教えてもらったりしたものの、結局は時間に余裕がなくなってしまった。やはり一日に予定を詰め込むのは無理がある。特に海はちゃんと準備をして、早い時間から行かないと。
海岸で遊ぶだけでもと、ちらっと連れて行くも…大泣き!
夕方で波が高くて怖かったのか、コアラのようにがっしりとしがみつき離れませんでした。

せっかく購入した水着がもったいないので、次の日、駐車場にタライを出してもらって水遊び。楽しそうにしていたけれど、あとから背中が真っ赤になってびっくり。聞いてはいたけれど、子どもの肌は本当にすぐ「火傷」になってしまう。お風呂上りにカレンデュラクリームを薄く塗っておいたらすぐにおさまったけれど、今後はもっと気をつけないと。

1泊2日で慌ただしかったけれど、息子もジジもババも楽しそうにしていたので何より。夏って感じの時間だった。
息子は「ジャンプ」を覚えたようで、懸命に嬉しさを全身で表現。バタバタ度合いが更に増す。
trackback (0) | comment (0) | 息子1歳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。