--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2007/11/29 (Thu) 22:52:13

もらった

やはり息子の風邪をもらう…。

朝起きて、喉に加えて首・肩が重く、痛い。
午前中は一緒に落ちるように二度寝。
授乳中でも「葛根湯」なら飲んでも大丈夫と聞いたことがあったので、ちょうど桶谷式のマッサージに予約変更の電話を入れるときに、そのことを聞いてみる。
すると、葛根湯はもちろんだけど、基本的に市販されている薬なら強くないので、8ヵ月くらいなら差し支えないとのこと。できれば病院で処方している薬の方が、症状に応じているので良くて、病院で「服用中は授乳を止めるように」と言われても、ハイハイ聞いておいて、気にせず授乳して大丈夫とか。
むしろ葛根湯などの漢方は、匂いが母乳に出るので、もしかしたら子供が嫌がることがあるかもしれない、と言われる。
とりあえず葛根湯を飲むことにする。

午後になると悪寒と微熱。
やっぱり早めに病院に行こうと思い、母に息子を託して自転車で出かける。
木曜は休診の病院が多く、前もって市の医療マップで調べて行ったにもかかわらず……
内科だけ午後休診とか、急遽手術が入って2時間後になりますとか、行く先々そんな感じで、結局4軒回って疲れ果て、電話したら息子も泣いているので、そのまま帰宅。体力を消耗&ストレスために行っただけだった……。
こうなったら自力で治す!と、眠そうな息子と一緒に寝ようとするも、なんか大泣きされて、1時間かかってやっと横になる。疲れた…。
でも、ちょっと寝たらだいぶ楽になった。夕方上がった熱もまあまあ下がって、たいしたことなく済みそう。良かった。
この調子なら、予定通りに帰京できるかな…。
スポンサーサイト
trackback (0) | comment (2) | 息子0歳
2007/11/28 (Wed) 23:01:07

熱下がる

発熱3日目。
朝起きる時点で熱が下がっているのが触って分かる。
計ってみると37・1度。ほぼ平熱。タンが絡んだような咳と鼻水はまだ続くものの、本人はすっかり元気な様子。発疹も今のところ出てこない。どうやら今回の発熱は、たいしたこともなく無事に終息したみたい。座薬も使わずに済んだし、大事に至らなくて良かった!
旅行前からいろいろ連れ回していたし、疲れもあったのだろうな…。ほんと、よくがんばってくれたと思う。

それにしても初の発熱が実家にいる時で助かったと思う。この先、熱なんていくらでも出すものなんだけど、やはり初めてだと何かと心細いし。なにより家事をやらないで済むのは有り難すぎる!親の健康に感謝。
本当は明日、帰京する予定だったけれど、週末まで延長することにする。

しかし自分の方が、髪が濡れたまま添い寝で眠ってしまい、喉が痛い。気をつけねば…。
trackback (0) | comment (2) | 息子0歳
2007/11/27 (Tue) 23:49:57

旅行そして初発熱

20071127234957
土日は高校時代の同級生たちと、恒例の温泉旅行。
帰省を除いては、息子初の宿泊。不安はありつつも、気心の知れたメンバーに助けられ、露天風呂やみかん狩りなどを満喫。息子も良くついてきてくれた!

が、その日の夜は21時から1時間、最近にない大泣き。。。疲れ果てて寝たか?と思うと、20分くらいで起きて、また10分くらい大泣き…それが1時くらいまで続く。
いろいろ連れ回して刺激が強かったかな…?夜泣きみたいなものかな…?と、へとへとになりながらも無理もないか、とつきあっていると、1時間くらい寝るようになった2時頃、パイをくわえる口が異様に熱くなってきた。
身体も今までにない熱さに。こりゃ熱だな…と初めての発熱にドキドキするも、そろそろだろうとは思っていたので焦りはなく、朝まで待って近所の小児科へ。
喉が少し赤いくらいで、特に所見はなく、シロップの飲み薬と座薬を処方してもらう。
実家の水銀の体温計では上手く計れなかったけど、熱は38~38・6度くらい。
帰宅してからはぐったりした様子。昨晩のような泣き方はなく、弱々しい泣き声が痛ましい。しかもミルクを全然飲もうとしなくなってしまった。この日は朝に50ml飲んだきり。母乳はとりあえず飲むものの、すぐに咳込んだりして心配。
自分も寝不足だったので、日中は一緒にひたすら寝る。実家で良かった!
ピークを越えたのか?夜にはおもちゃで遊ぶ元気も出てくる。夜中もちょこちょこ起きるけれど、前夜のような夜泣きはなかった。

次の日も、熱は38度あるものの、いつもの調子ではいずり回ってご機嫌に遊ぶ。病人とは思えない元気さ!ミルクも飲むようになった。離乳食は全く食べようとしないし、ちょっと下痢気味だけど、なんとなく落ち着いた感じ。
しかし、熱が下がらないことには東京にも帰れない…。そういえば、病院で突発性発疹の可能性もあると言われたし、今週は微妙かな…?ひとまず様子見。
trackback (0) | comment (2) | 息子0歳
2007/11/23 (Fri) 00:28:49

帰省

今日からは自分の実家へ帰省。

午前の昼寝が20分と短かったので、行きの中央線でぐずぐず。中野~新宿間で大注目を浴びる。上着の上からスリングをかけてしまったのと、人込みで、授乳でごまかすことも出来ずに一騒動。冬は厄介だ…ママコートの類は着たくないし、対策を考えないと。
上着を着直して、新幹線の座席でやっとスリング授乳すると即寝。
今まではスリングに入れていれば寝てくれたので、移動は苦ではなかったけど、最近は動きたがるわ重いわで、大変になってきた。しかし、この先、もっと大変になるのだろうな…座席に座ってなんかいられないか。

久々の実家、風呂はやっぱり大泣きだったけど、いろいろなものに興味津々。新聞やコード類に手を伸ばしまくる。
犬に顔を舐められてたけど、泣かずにポカーンとしてた。
trackback (0) | comment (0) | 息子0歳
2007/11/18 (Sun) 23:06:18

夫の実家へ・8ヶ月

ぐんま
法事のため、夫の実家の群馬へ1泊。

今回もレンタカー利用。
土日1泊にベビーシート、ガソリン代、高速代を入れて2万ちょっとくらい。新幹線よりは少し割高だけど、子連れだとやはり車はラク。帰りにお野菜をたくさんもらっていけるし・・・。
息子も帰りに少し泣いたけれど、まあまあ寝てくれた。

夫の両親とは、2ヵ月半のとき以来の対面。あのころはグズグズだったなあ。。。成長ぶりに目を細めていた。
お昼の会食~お兄さん家族と夕食・・・など、バタバタのスケジュールをこなす。息子は思った以上に愛想を振りまき、ちやほやされてくれた。がんばった!

お風呂はやっぱり泣いてしまったけれど・・・違う場所じゃ仕方ないか、と思ったら、帰ってからも家のお風呂でも大泣き。いろいろ刺激が多くて興奮しているのか。たくさんの人に会って、次から次へと移動して、いろんなものを見たからなあ。脳細胞がすごい勢いで増えているのだろう。

息子も8ヶ月に。

本当に日々成長。
・ずりバイはスピードアップ。距離も延ばす。とうとう台所のゴミ箱にまで手を・・・。対策を考えなければ。
・だいぶ足を突っ張るように。ぼちぼち立ちそうな気配。
・なんとなく「バイバイ」のように手を振る(気がする)。
・オムツ替えを嫌がる。泣くわ転がるわで大変!
・一瞬でも離れると泣いて、ずりずり近寄ってくる。これが噂に聞く後追いってやつか・・・ちょっと感動。してくれなかったらどうしよう!と不安だった(笑)。
・離乳食は相変わらず食べないのに、歯は上4本下2本。しかも歯軋りをし出す。
・ヨダレかぶれでほっぺがカサカサ。
などなど。
まだ夜もちょこちょこ起きるし、マイナートラブルは細々とあるけれど、とりあえずこれといった病気もなく、元気に成長してくれている。何より。つくづく、存在に感謝。
trackback (0) | comment (2) | 息子0歳
2007/11/09 (Fri) 23:16:15

銀座デビュー

マリオン前々職場に挨拶しに、銀座へ。

行きは丸の内線で。最近スリングで寝てくれないので、30分が長く感じた・・・。しかし、向かい側に座っていた女の人がずっと笑いかけてくれていたので、息子、超ご機嫌。愛想ふりまいていた。例に漏れず、女の人が好きみたい・・・。

でもって、銀座デビュー。
職場に行く前に、授乳室に行っておこうと、前もってリサーチしていた有楽町西武へ。4階にあるという情報だったけれど、別館(Beauty館)の方だったらしく、1回探してから分からずに1階の総合案内まで聞きに戻る。本館(Fasion館・・・以前はA館B館だったのに)だと6階とのこと。いずれにせよ、フロアガイドや店内表示が一切無いのはいかがなものかと。
西武授乳室
6階の授乳室はパウダールームの片隅に、カーテンで仕切れる個室一つと、流し(調乳は出来ない)がある程度。オムツ替えはちょっと先の女子トイレまで行かないとならなくて、ちょっと不便。まあ場所柄、子連れよりOLさん仕様になっているのは仕方ないか。。。
チケット
職場では、皆さんに暖かく迎えてもらい、とても有り難い。もう離れてずいぶん経つのに・・・。息子も概ね大人しくしてくれた。お土産(?息子がいろいろ手を伸ばすので、終わった分をくれた)にもらったチケットを一生懸命齧っていた。。。

有楽町周辺、久しぶりなのでいろいろ見たかったけれど(MUJIの授乳室、寄ってみたかった!)、ついつい小一時間ほどもお邪魔してしてしまい、夕方のラッシュを避けるためにそそくさと帰路へ。
それにしても、いろいろと新しい建物が増えていた。
ペニンシュラやれペニンシュラだの

イトシアやれイトシアだの
(とりあえず記念撮影)
イトシアはすごい人込みで、子連れには厳しい。
しかし、ベビーカーの家族もたくさん見かけた。気合い入っているなあ。

帰りは中央線。
辛うじて優先席が空いていたので座ったものの、息子が隣の男の人(30代くらい?)の携帯電話に手を伸ばすので、立っていくことにした。するとその男の人、「座らないんですか?」だって・・・。妊婦時代から思っていたけれど、優先席に座るなとは言わないけれど、せめて携帯電話をいじるのはやめようよ、と言いたい。電源オフ席・・・。
その後、息子も寝たので新宿で座れるかな?と思ったら、やはりメール女に素早く座られる・・・
と、ちょっと離れた所のおじいさんが、わざわざ「こっちこっち!」と手招きして席を譲ってくれた!とんでもない~という感じの白髪のおじいさんだったけれど、「うちにも生まれて間もない孫がいてね!」と嬉しそうに言ってくれるので、ご好意に甘えることに。
感激でした。。。世の中、いろんな人がいます。
trackback (0) | comment (2) | 息子0歳
2007/11/02 (Fri) 23:18:53

毎度オケタニへ

母乳マッサージの日(もう回数は割愛)。現在はだいたい3週間おき。

息子の体重は7715グラムに。まだまだ小さめだけど、変わらず一定のペースで増加中。
一般的に6ヵ月過ぎからはあまり増えなくなるみたいだけど、ほぼ一直線の右肩上がり。ミルクの量も増やしてないし、離乳食も全然食べないけれど増えてるということは、それなりに母乳も飲んでくれているのだろう。
おっぱいの状態も変わらず好調なようで一安心。やはり4ヶ月過ぎからミルクの量が一定したのが精神的に作用したのでは、と自分では思う。最近では時間も決まってきたし(4時間おきに60mlを4回)、ミルクについてあれこれ考えなくなったのは本当に気がラク!その頃から育児もぐんと楽しくなったように思う。

しかし近頃の息子、パイへの認識が変わってきたようで、口はもちろん、手で引っぱって遊ぶようになり、とても痛い・・・。片方吸いながら、片方を弄ぶのが至福の様子。。。

ところで前回もそうだったけれど、今回もマッサージの間、ものすごい大泣き!!
最初、ベッドに寝ているすぐ横にお座りさせておいたのだけど、こちらを見ながら口を四角く歪ませてポロポロと大粒の涙を流す・・・。いじらしい!そのうち涙と鼻水とヨダレでぐちょぐちょになってしまったので、研修生の方に抱っこしてもらうも、ずーっと大泣き。途中、息継ぎというか、休憩入って(あれ?泣き止んだ?と思うも)泣き続けるのが痛々しい。でもって、終わって抱っこするとすがりついてくる(でもいじけてる)のが、またカワイイ・・・。
しかしこんな調子で、預けることができるのかと気持ちはぐらつく。
trackback (0) | comment (6) | 息子0歳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。